医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】「アバスチン」に動脈解離-添付文書の改訂を指示

【厚労省】「アバスチン」に動脈解離-添付文書の改訂を指示

読了時間:約 1分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月19日 AM10:30

厚生労働省は16日、中外製薬の抗癌剤「(遺伝子組み換え)」(販売名:アバスチン点滴静注用)と同剤のバイオ後続品4品目、第一三共のアルツハイマー型認知症治療剤「メマンチン塩酸塩」(メマリー錠、同OD錠、同ドライシロップ)と同剤の後発品について、添付文書の「使用上の注意」を改訂するよう製造販売業者に指示した。

ベバシズマブ(遺伝子組み換え)で改訂対象となるのは、中外製薬の「アバスチン点滴静注用100mg/4mL、同400mg/16mL」、同剤のバイオ後続品であるファイザーの「ベバシズマブBS点滴静注100mg『』、同400mg『』」、第一三共の「ベバシズマブBS点滴静注100mg『』、同400mg『』」。これら品目について、「重大な副作用」の項目に動脈解離を追記する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解
  • 【厚労省】外来医療に薬剤師の役割-継続服薬指導など記載
  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望