医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【製薬大手20年3月期決算】武田が売上高3兆円突破-業績好調、海外で主力品牽引

【製薬大手20年3月期決算】武田が売上高3兆円突破-業績好調、海外で主力品牽引

読了時間:約 2分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月18日 AM10:15

国内製薬大手4社の2020年3月期決算が出揃った。シャイアーの連結子会社化が通年で業績に寄与した武田薬品は売上高3兆円を突破し、当初赤字予想だった各利益も黒字で着地した。第一三共は増収大幅増益、エーザイは過去最高益を更新し、減収予想だったアステラス製薬も売上高、営業利益が前期と同水準まで持ち直した格好。各社とも、主力品が海外で想定以上に伸びたことで健闘した。今期は、国内での薬価改定や新型コロナウイルス感染症の影響などで武田を除く3社では実質ベースで減益となる見通し。

売上高を見ると、武田はシャイアーが通年で連結対象に加わったことで3兆円を突破。特に米国で大きく売上を伸ばし、日本でも増収を確保した。海外売上比率は8割を超えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価
  • 【厚労省】小児組み入れで留意点-医薬品開発の効率化促す
  • 統合イノベーション戦略推進会議、バイオ戦略で基盤施策-新型コロナ対応を追記
  • 【千葉大病院/理研】iPS由来細胞を初投与-頭頸部癌の医師治験開始へ
  • 製品評価技術基盤機構、次亜塩素酸水、コロナに有効-「十分な濃度と使用量」が前提