医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬学ゼミが自己採点調査】薬剤師国試、平均正答率7割切る-難易度上昇、足切りも増加か

【薬学ゼミが自己採点調査】薬剤師国試、平均正答率7割切る-難易度上昇、足切りも増加か

読了時間:約 2分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月04日 AM10:15

2月22、23日に実施された第105回薬剤師国家試験で、薬剤師国試予備校大手「」が全受験者を対象に実施した自己採点の結果、2日時点で平均総合正答率は67.2%と前回の71.1%に比べ、約4ポイント低下していることが分かった。第103回、104回に比べ、問題の難易度が上がり、補正を加えた第104回の合格ラインとなっていた65%以上(225点)の得点率を突破した新卒生は75%程度、既卒を含めても66%と低調だった。必須問題の難易度が高く、足切りにかかる受験生は例年よりも多くなりそうだ。薬ゼミの木暮喜久子学長は「禁忌肢や解なしなどは考慮していないが、かなり悪い結果」と分析している。

第105回薬剤師国試には約1万4000人が受験し、薬ゼミによると6年制新卒の受験者が約9100人を占めるという。薬ゼミ自己採点システムから1万2107人の入力情報をもとに2日時点で集計を行ったところ、平均得点は231.9点と第104回の245.3点、第103回の237.1点に比べ、低くなっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日医】釜萢常任理事「緊急事態宣言の発出を」-爆発的感染前に対応要求
  • 【首相表明】「アビガン」正式承認へ治験-新型肺炎薬、増産も開始
  • 【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化-新型肺炎対策で協力
  • 【厚労省会議が初会合】厳しい抗菌薬の国内生産-医薬品安定確保に向け議論
  • 【国際医療センター】新型肺炎薬の治験参加へ-「レムデシビル」有効性を評価