医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【協会けんぽ】後発品80%達成へ緊急策-減額通知を15歳以上に

【協会けんぽ】後発品80%達成へ緊急策-減額通知を15歳以上に

読了時間:約 1分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月07日 AM10:30

(協会けんぽ)は、後発品使用割合80%の目標達成を促すため、先発品から切り替えた場合の減額通知の対象者を、今月から15歳以上に引き下げるなどの緊急対策を実施すると発表した。後発品の使用割合が低い医療機関と保険薬局に訪問、説明して、後発品を採用する場合に参考となる情報を提供することも盛り込んだ。

政府は、今年9月までに後発品の使用割合を80%とする目標を示している。一方、協会けんぽの2019年9月診療分の使用割合は76.9%で、月平均の伸び幅は約0.1%にとどまっている現状から、「目標達成が困難となる見込み」との見方を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】ワクチン接種で死亡例-初の報告、因果関係不明
  • 【富山県】日医工に業務停止命令-富山第一工場で不適切製造
  • 【米FDA】J&Jワクチン緊急許可-1回接種は初めて
  • 日本病院薬剤師会臨時総会、22年度改定へ要望事項案-病棟加算の対象拡大など
  • 【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応