医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【19年度の登録販売者試験】全国で2万8328人が合格-平均合格率は43.4%に

【19年度の登録販売者試験】全国で2万8328人が合格-平均合格率は43.4%に

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月22日 AM10:45

全国で実施された2019年度の登録販売者試験の結果が出揃った。各都道府県などが公表した数値をもとに薬事日報が集計したところ、19年度の総受験者数は6万5288人(対前年度比148人減)で合格者は2万8328人(1332人増)となった。全国の平均合格率は43.4%で、前年度から2.1ポイント増加した。今回の公表結果から、登録販売者試験合格者数の累計人数は28万1726人となった(受験者数、合格者数はいずれも延べ人数)

19年度の登録販売者試験は、関西広域連合に参加する6府県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌山県、徳島県)が同連合に試験事務を移管したことで、これらの6府県では統一の日程と試験問題で実施された。

試験日程は昨年8月20日に実施された奈良県の試験を皮切りに、12月8日の九州・沖縄ブロックまで行われ、試験日程の違いに伴う受験機会は全国で9回あった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • AMRアクションファンド、製薬主導で国際ファンド-AMR薬開発へ10億ドル
  • 【藤田医科大学】アビガンの有効性認めず-ウイルス消失に有意差なく
  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念