医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国内製薬大手20年3月期中間決算】国内好調で業績上方修正-武田はシャイアー連結効果

【国内製薬大手20年3月期中間決算】国内好調で業績上方修正-武田はシャイアー連結効果

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月06日 AM10:15

国内製薬大手4社の2020年3月期中間決算が出揃った。武田薬品は、アイルランドのシャイアー連結子会社化により大幅増収を達成し、海外売上比率が80%を突破した。主力品の特許切れに直面するアステラス製薬、第一三共も国内医薬事業の好調に支えられ増収を確保。エーザイも特殊要因を除き増収となり、好調に推移した。通期予想は、国内製品群の好調などを背景に、4社とも業績を上方修正。引き続き伸長する見通しだ。

武田は、シャイアー製品が連結対象に加わり、前年同期比89%増の1兆6602億円となった。シャイアーの前年同期の業績を考慮した売上高で見ると、実質横ばいとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【富山県】北日本製薬に業務停止28日-承認書と異なる方法で製造
  • 【予防接種・ワクチン分科会】3回目接種、実施を了承-接種後の免疫減弱に対応
  • 【臨床研究部会】観察研究の定義づけが課題-研究者とCRBで認識乖離
  • 【厚労省】製薬企業に水平分業化促す-ベンチャーが創薬担い手に
  • 【日薬】自宅療養急増で対応方針-緊急時の薬局リスト化