医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国内製薬大手20年3月期中間決算】国内好調で業績上方修正-武田はシャイアー連結効果

【国内製薬大手20年3月期中間決算】国内好調で業績上方修正-武田はシャイアー連結効果

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月06日 AM10:15

国内製薬大手4社の2020年3月期中間決算が出揃った。武田薬品は、アイルランドのシャイアー連結子会社化により大幅増収を達成し、海外売上比率が80%を突破した。主力品の特許切れに直面するアステラス製薬、第一三共も国内医薬事業の好調に支えられ増収を確保。エーザイも特殊要因を除き増収となり、好調に推移した。通期予想は、国内製品群の好調などを背景に、4社とも業績を上方修正。引き続き伸長する見通しだ。

武田は、シャイアー製品が連結対象に加わり、前年同期比89%増の1兆6602億円となった。シャイアーの前年同期の業績を考慮した売上高で見ると、実質横ばいとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【エーザイ】抗癌剤「レンビマ」が躍進-内藤CEO「売上高2000億円突破へ」
  • 日本製薬工業協会、米国研究製薬工業協会、欧州製薬団体連合会、革新薬の適切評価求める-製薬協など3団体、骨太方針へ初の共同提案
  • 【成育医療研究センター】オンライン申込み可能に-妊婦の薬相談で利便性向上
  • 【日医工】事業再生ADRを正式申請-最終赤字1049億円、再建急ぐ
  • 【大阪府】高槻と天王寺でモデル事業-地域フォーミュラリ構築