医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【四病院団体協議会】薬剤師への業務移管提案-医師と事前合意で協働促す

【四病院団体協議会】薬剤師への業務移管提案-医師と事前合意で協働促す

読了時間:約 1分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月09日 PM02:45

全日本病院協会などの病院団体で構成する四病院団体協議会は6日、医師の労働時間短縮のため、一部業務を薬剤師など他職種に移管することを求める提案書を根本匠厚生労働相に提出した。薬剤の種類や投与量等の変更を事前に作成したプロトコルに基づいて医師と協働することなどを求めており、医師の包括的指示と同意がある場合は医師の確認を必要とせず、これら業務を薬剤師が主体的に行うことが望ましいとした。現行法を改正することなく、業務移管できるとしている。

医師の労働時間短縮をめぐっては、厚生労働省が「医師の働き方改革を進めるためのタスクシフティングに関するヒアリング」を開き、移管できる業務内容、移管可能な理由、移管後の業務の質の確保などについて、日本医師会など関係団体から聞き取りを行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【豊中市、豊中市薬剤師会、大阪大学】健サポ薬局に「豊中モデル」-産官学の協働事業スタート
  • 【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分-診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」
  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定