医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 難病「HTLV-1関連脊髄症」患者向けオンライン診療を開始-聖マリ医大

難病「HTLV-1関連脊髄症」患者向けオンライン診療を開始-聖マリ医大

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月21日 PM12:00

専門医が少なく、HAM患者の約4割が往復4時間以上かけて通院

聖マリアンナ医科大学は8月19日、株式会社MICINが提供するオンライン診療サービス「(クロン)」を用いて、指定難病のHTLV-1関連脊髄症(HAM)患者向けに、聖マリアンナ医科大学病院が2019年8月からインターネットやスマートフォンを利用したオンラインでの診療を開始すると発表した。

HAMは、(HTLV-1)によって脊髄の炎症が引き起こされ、歩行や排尿・排便が困難になる疾患。患者数は日本で約3,000人と推定される希少疾患で、難病にも指定されている。治療経験の多い専門医が少ないため、全国のHAM患者を対象とした調査によると、HAM患者のうち37.4%は往復4時間程度以上かけて通院しており、16.4%が1回の交通費として8,000円以上を負担していることがわかっている。また、HAM患者のうち41.8%が「一人で外出はできるが困難を伴う」と答えており、47.8%が家族に送迎してもらい通院している。このような背景から、HAM患者のうち44.8%が遠隔医療を「受けたい」と考えていることが明らかになった。


画像はリリースより

予約から問診、診察、決済、医薬品の配送手続きまでをオンラインで

聖マリアンナ医科大学病院は2007年にHAMの専門外来を設け、全国の患者を受け入れてきた。今回、オンライン診療を導入することで、患者本人の肉体的・金銭的負担だけでなく、家族の負担を減らし、患者の満足度を向上させることを目指す。

curonは株式会社MICINが2016年4月に提供を開始したオンライン診療サービス。患者はスマートフォン、医師はパソコンを使用し、予約から問診、診察、決済、医薬品の配送手続きまでをオンラインで完結させることができる。クロンは2019年7月時点で1,400件のクリニックに導入されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 下水処理水の消毒によるウイルス不活化効率予測モデルを構築-東北大
  • 内視鏡診断支援機能「CAD EYE」搭載の「EW10-EC02」発売へ-富士フイルム
  • ミトコンドリア病を迅速かつ高精度に診断可能な全自動デバイスを開発-久留米大ほか
  • AI手法を組み合わせ、機能向上と副作用低下を両立させた人工心臓をデザイン-産総研
  • COVID-19肺炎のCT画像をAI解析するためのプラットフォームを開発-NIIほか