医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【がんゲノム作業部会】「拠点病院」の指定要件示す-指定期間は21年度まで

【がんゲノム作業部会】「拠点病院」の指定要件示す-指定期間は21年度まで

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月29日 PM12:00

厚生労働省の「がんゲノム医療中核拠点病院等の指定要件に関するワーキンググループ」は27日、一人ひとりの遺伝子情報に適した治療を行う癌ゲノム医療に関する高度な機能を備えた中核拠点病院などの指定要件見直しに関する報告書を取りまとめた。9月に新設予定の「がんゲノム医療拠点病院」について、遺伝子パネル検査の実施体制など中核拠点病院と同等の機能を有していることなどを盛り込んだ。来月に開催予定の検討会に報告後、中核拠点病院、拠点病院を2021年度まで指定する予定である。

報告書では、拠点病院・中核拠点病院・がんゲノム医療連携病院間の連携体制に関して、医療提供体制の面で連携病院は、原則として1カ所の拠点病院または中核拠点病院と連携するとした。人材育成や治験の面では、中核拠点病院が中心的な役割を担うこととし、拠点病院と連携病院が中核拠点病院と連携する体制とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色
  • 【臨床薬理学会で議論】製販後調査に患者レジストリ-難病、希少薬で活用論高まる
  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得