医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【18年度薬学教育評価】第一薬大の総合判定保留-ストレート卒業率を問題視

【18年度薬学教育評価】第一薬大の総合判定保留-ストレート卒業率を問題視

読了時間:約 2分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月12日 PM02:00

薬学教育評価機構は、2018年度の6年制薬学教育評価を専門分野別に行った結果をまとめた。昨年度の対象となった青森大学、奥羽大学、大阪大谷大学、北里大学、九州大学、金城学院大学、鈴鹿医療科学大学、帝京平成大学、徳島大学、広島大学、北海道大学、武蔵野大学、第一薬科大学の13校のうち、12大学は評価基準に適合と認定されたが、第一薬科大は評価基準の中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定を保留した。ただ、適合と認定された複数の大学にも、薬剤師国家試験対策偏重のカリキュラムの是正を促したほか、薬学共用試験の不合格結果を正規科目に連動させているなどの問題点を指摘。早急に適切な改善措置を講じるよう求めた。認定期間は26年3月31日まで。

■演習に不適切な外部模試も

今回、昨年度の評価対象となった13校の薬学教育プログラムについて評価を行った結果、第一薬科大を除く12校は適合と認定された。第一薬科大は、中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定が保留となり、再評価を受けることになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【和歌山県立医大】薬学部新設へ体制固まる-地域で活躍する薬剤師育成
  • 【厚労省】エパデールTが第1類移行-適正販売の徹底で通知
  • 【諮問会議】調剤報酬「大胆な改革必要」‐技術料等の正当性次第で
  • 【厚生労働科学研究班】処方薬乱用防止へ薬薬連携−お薬手帳の情報共有に活路
  • 【APAC】アジア共通の審査導入を-効率的な体制要望で合意