医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【18年度薬学教育評価】第一薬大の総合判定保留-ストレート卒業率を問題視

【18年度薬学教育評価】第一薬大の総合判定保留-ストレート卒業率を問題視

読了時間:約 2分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月12日 PM02:00

薬学教育評価機構は、2018年度の6年制薬学教育評価を専門分野別に行った結果をまとめた。昨年度の対象となった青森大学、奥羽大学、大阪大谷大学、北里大学、九州大学、金城学院大学、鈴鹿医療科学大学、帝京平成大学、徳島大学、広島大学、北海道大学、武蔵野大学、第一薬科大学の13校のうち、12大学は評価基準に適合と認定されたが、第一薬科大は評価基準の中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定を保留した。ただ、適合と認定された複数の大学にも、薬剤師国家試験対策偏重のカリキュラムの是正を促したほか、薬学共用試験の不合格結果を正規科目に連動させているなどの問題点を指摘。早急に適切な改善措置を講じるよう求めた。認定期間は26年3月31日まで。

■演習に不適切な外部模試も

今回、昨年度の評価対象となった13校の薬学教育プログラムについて評価を行った結果、第一薬科大を除く12校は適合と認定された。第一薬科大は、中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定が保留となり、再評価を受けることになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【精神神経学会】成瀬氏、オピオイド過剰処方に警鐘-合法的な薬物依存症を懸念
  • バイオ後続品でDB活用-新薬系2社が相次ぎ導入
  • 【骨太方針を閣議決定】健康サポート薬局を推進-調剤報酬の適正化も明記
  • 【旭川医科大学病院薬剤部】抗薬物抗体が効果に影響か-PD-1阻害薬で前向き研究
  • 【国際医療福祉大学】福岡県南部に薬学部新設へ-臨床に強い薬剤師を育成