医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日本薬学会】新会頭に高倉氏が就任-「若手研究者の支援を推進」

【日本薬学会】新会頭に高倉氏が就任-「若手研究者の支援を推進」

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月22日 PM12:45

日本薬学会は20日、千葉市内で代議員総会を開き、2019~20年度の新会頭に高倉喜信氏(京都大学大学院薬学研究科教授)が就任することを決議した。任期2年の副会頭には堅田利明氏(武蔵野大学薬学部教授)、高山廣光氏(千葉大学大学院薬学研究院教授)の2人を選出。任期1年の副会頭には、来年3月に京都市で開かれる第140年会組織委員長を務める中山和久氏(京都大学大学院薬学研究科教授)が選ばれた。

高倉氏

あいさつした新会頭の高倉氏は「歴代の会頭の努力で築き上げられてきた日本薬学会のプレゼンスをさらに高めるべく努力したい」と強調。「今の日本のサイエンスは薬学も含めて明るいとは言い難いのが現状。将来を支える若い研究者の元気が出るような研究環境作りが大事だと思う」と述べ、日本薬学会としても奨学金事業や各賞の表彰などを通じて「若手の支援に、より一層取り組んでいきたい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断