医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬ゼミ自己採点調査】薬剤師国試、平均正答率70%超え-禁忌肢導入の影響は限定的

【薬ゼミ自己採点調査】薬剤師国試、平均正答率70%超え-禁忌肢導入の影響は限定的

読了時間:約 2分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月08日 AM10:15


■難易度は前回より低下

2月23、24日に実施された第104回薬剤師国家試験で、薬剤師国家試験予備校大手「」が全受験者を対象に実施した自己採点の結果、平均総合正答率が70.5%と70%を突破する可能性が出てきたことが明らかになった。第103回の平均正答率66.1%に比べ4ポイント以上上昇するなど、問題の難易度が低くなったと見られ、特に必須問題は得点しやすい基礎的な事項の出題が多く、足切りにかかる学生は少ないと予想する。今回の薬剤師国試では、薬剤師にすべきでない受験者を識別するため、間違って一定数以上選択した場合に自動的に不合格となる「禁忌肢」が初めて導入され、10問程度あったと見られるが、複数問を選択している受験者はほとんどおらず、影響は限定的のようだ。

薬剤師国試には1万5797人が出願し、1万4297人が受験した。薬ゼミ自己採点システムでは、1日時点で1万2012人が採点を行い、新卒者8851人の平均点は248.5点であり、225点(正答率65%)以上得点した新卒受験者は7426人に上ると予想した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 薬剤師の配置基準見直し‐宮本医薬局長「一律処方箋40枚に合理性ない」
  • 【国際医療AMRセンター】抗菌薬販売量が前年比4%減‐13年比11%減、最小販売量に
  • 【臨床研究部会】臨床研究・治験推進で中間案-活性化策の予算措置検討へ
  • 【厚労省検討会議】IBS改善薬のスイッチ「可」-医療機関で診断後を条件に
  • 【日薬臨時総会】薬剤師以外ができる業務、森副会長「明確化できない」