医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬事日報・保険薬局調査】地域支援体制加算、基本料1薬局の36%-後発品加算算定は“回復基調”

【薬事日報・保険薬局調査】地域支援体制加算、基本料1薬局の36%-後発品加算算定は“回復基調”

読了時間:約 1分59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月09日 AM10:30

2018年度診療報酬改定により新設された地域支援体制加算については、1の算定薬局のうちで36%が算定している。非算定の薬局では、来年度の“算定可能性”について過半数を大きく上回る63%が「不可能」としている。また、かかりつけ薬剤師指導料については、「かかりつけ薬剤師がいる薬局」においても約2割が算定には至っていない。一方、後発医薬品調剤体制加算の算定については、年度当初に比べ“回復基調”にある。薬事日報恒例の全国保険薬局調査(18年10月末時点)で明らかになった。
今調査は、薬事日報が例年10月末時点で実施している保険薬局の運営・経営状況の一端を探る調査だが、先に実施した18年度改定直後(6月末時点)の緊急調査とほぼ同様の調査項目とし、各種点数算定率の推移などを含め集計・分析した。調査対象は各地方厚生局への施設基準等の届出データを元に全国5万7543軒の保険薬局からランダムに抽出した4000軒に協力を依頼した。11月中旬までに492軒からの有効な回答が得られた。回収率は12.3%であった。質問項目は、[1]店舗環境・施設基準など[2]薬学管理料等の算定状況など[3]後発医薬品への対応・その他――の大項目からなる。

(地支体加算)について、調剤基本料1を算定し、かつ同加算の算定の可否について回答があった412軒のうち、147軒(36%)で算定していた。約3分の1の薬局では地支体加算の算定には至っていないことから、来年度算定に対する見込みを聞いた。算定の可能性について回答が得られた271軒のうち過半数の148軒(55%)が「不可能」とし、「可能」としたのはわずか9%だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 薬剤師の配置基準見直し‐宮本医薬局長「一律処方箋40枚に合理性ない」
  • 【国際医療AMRセンター】抗菌薬販売量が前年比4%減‐13年比11%減、最小販売量に
  • 【臨床研究部会】臨床研究・治験推進で中間案-活性化策の予算措置検討へ
  • 【厚労省検討会議】IBS改善薬のスイッチ「可」-医療機関で診断後を条件に
  • 【日薬臨時総会】薬剤師以外ができる業務、森副会長「明確化できない」