医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【岐阜薬大】キャンパス統合-27年度メド、岐阜大近接地に

【岐阜薬大】キャンパス統合-27年度メド、岐阜大近接地に

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月03日 AM10:30


■多職種連携教育の充実目指す

岐阜薬科大学は、2027年度に岐阜市北部の三田洞キャンパスと岐阜大学に隣接する本部キャンパスを統合し、本部キャンパスの近接地に新たな施設を整備する。これまで市内2カ所にキャンパスが分かれていたが、6年制薬学教育がスタートして10年以上が経過し、岐阜大学病院にも近い本部の近接地にキャンパスを集約することで、医学部と薬学部の強みを生かした多職種連携教育を充実していきたい考えだ。来年度から基本構想、基本計画の策定に着手し、遅くとも27年度には新キャンパスでの活動を開始する予定。

岐阜薬大のキャンパスは2カ所に分かれおり、1~3回生は三田洞キャンパス、4回生以降は本部キャンパスで学んでいるが、教員はほとんど本部キャンパスに常駐している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】ステミラックの保険適用了承-算定薬価は1回1496万円
  • 【厚労省】CAR-T療法、国内初上陸-「キムリア」が来月にも承認へ
  • 【厚労省】ボツリヌス毒素量が規格外-安全に問題なし、新ロット提供
  • 電カル情報、多施設で集積-阪大病院など19施設、製販後調査や創薬に活用可
  • 【厚科審部会で論点】臨床研究、国費を重点化-民間資金の一層活用促す