医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 武田は通期最終増益に見直し-国内製薬大手19年3月期中間決算

武田は通期最終増益に見直し-国内製薬大手19年3月期中間決算

読了時間:約 2分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月05日 AM10:15


■薬価改定も3社が上方修正

国内製薬大手4社の2019年3月期中間決算が出揃った。アステラス製薬とエーザイは増収増益、武田薬品も特殊要因がなければ増収となり、」の特許切れで業績の底にある第一三共を除いた3社が、通期売上・利益予想の上方修正を行った。武田は最終減益から一転して増益、アステラスは減収から横ばいへと期初予想を見直した。両社の海外売上比率は70%水準に達しており、国内で薬価制度の抜本的改革が実施される中、想定よりも健闘した。

表:国内製薬大手4社の2019年3月期中間決算(単位:百万円、▲はマイナス)

武田は、抗癌剤「」の物質特許満了による売上減や武田テバへの長期収載品の売却による影響で0.1%の減収となったが、特殊・外部要因を除いた実質ベースでは4%増収となった。薬価改定が行われた日本においても実質で4%増、米国で6%増、欧州・カナダで6%増、新興国で2%増と全ての地域で増収となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価
  • 【厚労省】小児組み入れで留意点-医薬品開発の効率化促す
  • 統合イノベーション戦略推進会議、バイオ戦略で基盤施策-新型コロナ対応を追記
  • 【千葉大病院/理研】iPS由来細胞を初投与-頭頸部癌の医師治験開始へ
  • 製品評価技術基盤機構、次亜塩素酸水、コロナに有効-「十分な濃度と使用量」が前提