医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬局ヒヤリ・ハットが過去最多-疑義照会で阻止、37%と大幅増

薬局ヒヤリ・ハットが過去最多-疑義照会で阻止、37%と大幅増

読了時間:約 2分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月05日 AM10:15


■高まる薬剤師の安全意識

日本医療機能評価機構は2日、2017年の薬局ヒヤリ・ハット事例をまとめた集計結果を公表した。昨年の薬局におけるヒヤリ・ハット事例の報告件数は6084件。そのうち、医療機関で発生した処方の誤りを薬局で発見した疑義照会関連の事例が前年から約900件増の2234件と過去最多となった。ヒヤリ・ハット事例全体に占める割合も36.7%と前年から9.2%の大幅な高まりを見せ、初めて3割を超えた。同機構は、疑義照会関連事例の増加理由について、「患者のための薬局ビジョンなどを通じて、薬剤師の安全に対する意識が年々高まっているのではないか」と分析している。

17年に報告されたヒヤリ・ハット事例を見ると、調剤関連が前年と比べて262件増の3823件(62.8%)で最多となった。内訳を見ると、数量間違いが1010件、薬剤取り違えが853件、規格・剤形間違いが728件の順に多かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】感染予防と経済両立を-骨太方針に向け方向性
  • 【経産省】後発品切り替えに報奨金-窓口負担の2割以内で可能
  • ワクチン開発へ500億円基金-政府が2次補正予算
  • 【国立国際医療研究センター】国際治験の第二弾参加-「バリシチニブ」併用効果を検証
  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ