医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬局ヒヤリ・ハットが過去最多-疑義照会で阻止、37%と大幅増

薬局ヒヤリ・ハットが過去最多-疑義照会で阻止、37%と大幅増

読了時間:約 2分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月05日 AM10:15


■高まる薬剤師の安全意識

日本医療機能評価機構は2日、2017年の薬局ヒヤリ・ハット事例をまとめた集計結果を公表した。昨年の薬局におけるヒヤリ・ハット事例の報告件数は6084件。そのうち、医療機関で発生した処方の誤りを薬局で発見した疑義照会関連の事例が前年から約900件増の2234件と過去最多となった。ヒヤリ・ハット事例全体に占める割合も36.7%と前年から9.2%の大幅な高まりを見せ、初めて3割を超えた。同機構は、疑義照会関連事例の増加理由について、「患者のための薬局ビジョンなどを通じて、薬剤師の安全に対する意識が年々高まっているのではないか」と分析している。

17年に報告されたヒヤリ・ハット事例を見ると、調剤関連が前年と比べて262件増の3823件(62.8%)で最多となった。内訳を見ると、数量間違いが1010件、薬剤取り違えが853件、規格・剤形間違いが728件の順に多かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【総合相模更生病院】介護病棟で薬剤費4割減-薬剤師常駐、副作用も防止
  • 益山氏が北海道薬で調査報告、副作用報告件数が大幅増-確認シート活用で早期発見
  • 【19年春の勲章】永井元岐阜薬大学長らに瑞中-中冨氏らに旭小
  • 【18年度モニター事業】不適切宣伝、さらに増加-エビデンスない説明が最多
  • 【財務省】卒業率、国試合格率に格差-6年制薬学教育を問題視、教育成果なしは税補助対象外