医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審制度部会】薬局の機能・役割、議論すべき-委員から意見相次ぐ

【厚科審制度部会】薬局の機能・役割、議論すべき-委員から意見相次ぐ

読了時間:約 1分59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月03日 AM10:45


■薬機法への規定は検討課題

厚生労働省は9月28日、厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会を開き、約2カ月ぶりに薬機法の見直しに向けた議論を再開した。厚労省は、これまでの議論を踏まえ、「法改正との関係性が深く、さらに検討が必要なもの」を整理した資料を提示。「薬局・薬剤師のあり方」では、薬局が持つべき機能の整理と法令上の規定を含めた位置づけや、薬局の管理者と開設者の責務が果たされるための仕組み・方策の検討などを挙げた。委員からは、「薬局・薬剤師が果たすべき役割や機能を議論すべき」との意見が相次いだが、薬局が持つべき機能をどこまで明確化し、それらを薬機法で規定するかどうかについては、今後の検討課題となった。

検討テーマの一つになっている「薬局・薬剤師のあり方」では、地域包括ケアシステムの構築に資する医療提供を行う一員として、医療機関や他職種と連携してかかりつけ薬剤師・薬局が適切な役割を果たすには「薬局が持つべき様々な機能を整理し、役割分担・連携を進めるべきではないか」と提案。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】緊急避妊の対面例外を検討-オンライン診療指針見直し
  • 【製薬協委員会が調査】ほぼ半数企業がAI導入-創薬部門で多く活用、人材やデータ不足が課題に
  • 【厚労省】インフル流行ピーク超え-患者数は前週比56万人減
  • 【ファイザー】高血圧症治療薬を自主回収-バルサルタンで発癌性物質を検出
  • 【京都市立病院薬剤科】PBPMで検査実施率向上-がん患者の蛋白尿を早期把握