医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視

【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月21日 AM10:30

厚生労働省は18日、高齢者の医薬品適正使用指針について、ポリファーマシーにおける診療や処方時の参考とするため、外来や入院医療など療養環境別に薬剤師等の医療者が考慮すべきことを記載した「追補」の骨子案を、高齢者医薬品適正使用検討会の作業部会に示し、概ね了承された。・在宅医療においては、地域包括ケアを担う医療・介護関係者との協力を行うなど、多職種による協働を重視した内容とした。26日に開催予定の検討会でも骨子案の具体的内容を議論する。

骨子案は、▽外来・▽急性期後の回復期・慢性期の入院医療▽その他の療養環境(介護、介護老人保健施設等)――で構成されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】遠隔服薬指導に厳しい意見-医師委員「留意点の整理を」
  • 【厚労省】後発品264品目を薬価収載-初後発にブロナンセリンなど
  • 【特許庁】大日本住友が免疫増強で9位-癌免疫療法の特許出願件数
  • 【東京都】後発品促進協議会が初会合−20年度にロードマップ策定
  • 【アルフレッサ子会社】調剤報酬を虚偽報告-不正請求の返還額減らす