医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【岡山大病院薬剤部】医薬品情報業務にAI導入-自然な話し言葉で情報検索

【岡山大病院薬剤部】医薬品情報業務にAI導入-自然な話し言葉で情報検索

読了時間:約 2分27秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月01日 AM10:00


■機能向上へシステム改良も

岡山大学病院薬剤部は今年4月から、国内で初めて医薬品情報業務に人工知能()を導入した。病棟担当など同院の薬剤師は、医師や看護師から質問を受けた場合、AI搭載型医薬品情報提供支援ツール「aiPharma」(アイファルマ)を携帯端末やパソコンで操作。調べたいことを自然な話し言葉で入力すると、その意図をIBMのAI「ワトソン」が読み取り、薬剤部内に蓄積されたQ&Aデータベースの中から最適な回答が提示される。AI活用のノウハウを持つ木村情報技術と共同で仕組みを構築した。音声入力も近く実現する見通し。今回を出発点とし、さらなる機能向上に取り組む計画だ。

aiPharmaの画面

同院薬剤部は、医師や看護師、病棟担当薬剤師などから薬品情報室が受けた薬に関する質問とその回答8000件以上をデータベースに保存。薬品情報室の専従薬剤師や病棟担当薬剤師は、医薬品情報業務にこのデータベースを活用してきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】期限切れワクチン試薬使用でMSDに行政指導-厚科審部会に報告
  • 【旭川医大病院薬剤部】ニボルマブを約8000万円廃棄-DVO実施で薬剤費削減に
  • 【厚労省】GDPガイドラインを公表-医薬品流通の品質管理確保
  • 【静岡県立総合病院薬剤部が解析】認定薬剤師に高い介入効果-外来がん患者の指導管理業務
  • 【厚労省検討会WG】高齢者の医薬品適正使用指針-ポリファーマシーなど追補案