医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 臨床試験データ共有の動き加速-医学雑誌、7月から投稿要件化

臨床試験データ共有の動き加速-医学雑誌、7月から投稿要件化

読了時間:約 2分32秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月08日 AM10:15


■製薬業界も呼応、透明性向上へ

臨床試験の公正さや再現性を確保するため、匿名化した個別の被験者データを共有しようとする動きが世界的に加速している。国際医学雑誌編集者委員会()は、臨床試験の質と報告の健全性を確保するため、被験者データの共有を求める声明を発表し、7月1日から医学雑誌が臨床試験論文を受け付けるには、ICMJEの要件を満たす必要があると勧告。来年1月以降に被験者登録を開始する臨床試験については、登録にデータ共有計画を含めなければならないとした。製薬業界もこの動きに呼応し、1月に国際製薬団体連合会()は責任ある臨床試験データ共有に関する原則を公表した。研究不正への批判が強まる中、データの共有化は第三者によるデータの再解析につながると見られ、臨床試験の透明性向上が一層期待されそうだ。

ICMJEは、臨床試験に参加する被験者がリスクにさらされているとし、介入を伴う臨床試験で作られたデータを共有する倫理的義務があるとの考えから、2016年1月には個々の被験者の標準化されたデータを共有できる環境作りの提言を公表していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】「ステミラック」の保険適用、医薬品として薬価収載へ
  • 【新座病院/東所沢病院】2病院でフォーミュラリー共有-地域やグループでの連携が重要
  • 【厚労省】期限切れワクチン試薬使用でMSDに行政指導-厚科審部会に報告
  • 【旭川医大病院薬剤部】ニボルマブを約8000万円廃棄-DVO実施で薬剤費削減に
  • 【厚労省】GDPガイドラインを公表-医薬品流通の品質管理確保