医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 臨床試験データ共有の動き加速-医学雑誌、7月から投稿要件化

臨床試験データ共有の動き加速-医学雑誌、7月から投稿要件化

読了時間:約 2分32秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月08日 AM10:15


■製薬業界も呼応、透明性向上へ

臨床試験の公正さや再現性を確保するため、匿名化した個別の被験者データを共有しようとする動きが世界的に加速している。国際医学雑誌編集者委員会()は、臨床試験の質と報告の健全性を確保するため、被験者データの共有を求める声明を発表し、7月1日から医学雑誌が臨床試験論文を受け付けるには、ICMJEの要件を満たす必要があると勧告。来年1月以降に被験者登録を開始する臨床試験については、登録にデータ共有計画を含めなければならないとした。製薬業界もこの動きに呼応し、1月に国際製薬団体連合会()は責任ある臨床試験データ共有に関する原則を公表した。研究不正への批判が強まる中、データの共有化は第三者によるデータの再解析につながると見られ、臨床試験の透明性向上が一層期待されそうだ。

ICMJEは、臨床試験に参加する被験者がリスクにさらされているとし、介入を伴う臨床試験で作られたデータを共有する倫理的義務があるとの考えから、2016年1月には個々の被験者の標準化されたデータを共有できる環境作りの提言を公表していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】薬価改定、来年10月を主張-製薬団体「あくまで増税対応」
  • 【PMDA 第4期中計で基本方針】健康寿命延伸に役割果たす-患者データ活用を重点課題
  • 【厚労省検討会】臨床情報共有、創薬推進を-NCのあり方でヒアリング
  • 【日本調剤和歌山西薬局】「減薬提案書」を処方医に送信-近隣病薬との連携も構築
  • 本庶氏が根本厚労相を表敬-ノーベル賞受賞受け訪問