医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【第一薬大、佐賀県薬調査】検体測定室の登録継続5割-「自己治療」へ貢献意識高く

【第一薬大、佐賀県薬調査】検体測定室の登録継続5割-「自己治療」へ貢献意識高く

読了時間:約 2分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月16日 AM10:10


■「自己治療」へ貢献意識高く-人員とスペースに課題も

自己血糖測定事業に参加した保険薬局が検体測定室として登録を継続している割合は56薬局中30薬局(53.6%)と約半数にとどまることが、佐賀県薬剤師会と第一薬科大学の研究グループの調査で明らかになった。実際に稼働していたのは23薬局で、多くの薬局はセルフメディケーションへの貢献を理由に、無料や500円以下の低料金で検体測定室の取り組みを継続していた。地域住民の健康増進に貢献したいとの高い意識がうかがえる一方、人員やスペースの問題で継続できない切実な課題も浮かび上がった。

佐賀県薬では、2014年4月に厚生労働省から検体測定室に関するガイドラインが示されたため、14年度と15年度の厚労省委託事業「薬局・薬剤師を活用した健康情報拠点推進事業」で自己血糖測定事業を実施した。その一つとして、薬局店頭における自己血糖測定による糖尿病の早期発見と受診勧奨への取り組みを進めてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論
  • 「問診ナビ」で病歴聴取-薬剤師が研修医修了レベルに
  • 医薬品産業振興「保険制度に偏重」―厚労省・鈴木事務次官が初会見