医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日本薬学会代議員総会】次期会頭に高倉氏を承認-海外会員を新設、国際化推進

【日本薬学会代議員総会】次期会頭に高倉氏を承認-海外会員を新設、国際化推進

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月28日 AM10:20

日本薬学会は25日、金沢市内で代議員総会を開き、2019~20年度の次期会頭に副会頭の高倉喜信氏(京都大学大学院薬学研究科教授)が就くことを承認した。任期1年の18年度新任副会頭としては来年3月20日から千葉市で開く第139年会の組織委員長を務める牧野公子氏(東京理科大学薬学部教授)を選出。新たな会員区分として海外会員を設置することも承認した。

あいさつした現会頭の奥直人氏(静岡県立大学薬学部教授)は「会頭になって1年間様々なことを考えながら取り組んできた。次の1年は、もう少し変えられるところがあれば、みなさんの意見を聞きながら変えていきたい」と言及。「薬学に属する方々が研究、教育、創薬など様々な分野で活躍するために薬学会は何をできるのか、どういうことをサポートできるのかを考えながら、少しでも役立つ薬学会にしていきたい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ
  • 「アビガン」今月承認見送り-科学的な評価は時期尚早
  • 【AMED】「AI創薬」の本格実装へ-今年度から新プロジェクト
  • 製品評価技術基盤機構、洗剤がウイルス除去に有効-新型コロナの消毒法検証
  • 【AMED】コロナワクチン9件採択-開発支援へ55億円を配分