医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協】地域支援体制加算に35点、服用薬剤調整支援料は125点-診療報酬改定案を答申

【中医協】地域支援体制加算に35点、服用薬剤調整支援料は125点-診療報酬改定案を答申

読了時間:約 4分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月09日 AM10:30


■敷地内は院内同様の10点

中央社会保険医療協議会は7日、2018年度の診療報酬改定案をまとめ、加藤勝信厚生労働相に答申した。地域支援に貢献する薬局の体制を評価するために新設する「」に35点、同じく新設の「」には125点をつけた。「かかりつけ薬剤師指導料」は算定要件を厳格化し、70点から73点に引き上げた。一方、敷地内薬局の報酬を院内調剤と同様の扱いにするため、「」を新設し、10点と低い点数を設定。調剤基本料は、特定の医療機関からの処方箋受付回数、集中率の要件を見直し、引き下げ対象範囲を拡大した。後発品調剤体制加算は、数量割合の基準を引き上げると共に、新たに85%以上(26点)のハードルを設定。3段階評価に変更したほか、調剤数量が20%以下の薬局は基本料を2点減算する規定を設けた。

答申書を高木副大臣(右)に手渡す田辺会長

現行の基準調剤加算の廃止に伴い、新設する「地域支援体制加算」は、地域医療に貢献する体制があることを示す実績を求める。具体的な施設基準としては、1年間の常勤薬剤師1人当たり、▽夜間・休日等の対応400回▽・相互作用等防止加算等40回▽服用薬剤調整支援料1回▽単一建物診療患者が1人の在宅薬剤管理12回▽服薬情報提供料60回▽麻薬指導管理加算10回▽かかりつけ薬剤師指導料等40回▽外来服薬支援料12回――の実績を全てクリアする必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【腎臓病薬物療法学会】薬剤関連腎障害の入院減-「真の医薬分業」実施で成果
  • 【厚労省】40年の社会保障へ改革本部-現役世代減少の課題対応
  • 【文科省】トライアル実習、連携体制構築-大学や施設間、取り組みに差
  • 【厚科審・制度部会】薬局の基本機能に服薬状況の把握など-医師委員は法制化に慎重
  • 【中医協総会】薬価改定、来年10月を主張-製薬団体「あくまで増税対応」