医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】薬価抜本改革の骨子了承-長期品に大なた、新薬も厳しく

【中医協総会】薬価抜本改革の骨子了承-長期品に大なた、新薬も厳しく

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月22日 AM10:30

薬価制度の抜本改革に関する骨子が20日の中央社会保険医療協議会総会で了承された。長期収載品の薬価を引き下げる新ルールを導入し、後発品置換え率が80%以上の長期品を10年かけて後発品の薬価に揃える一方、新薬創出等加算は革新性の高い新薬に絞り込み、国内臨床試験の実施数などをポイント化して点数の高い順に上から25%程度の企業だけが薬価を維持できる厳しい見直しが行われる。さらに市場規模が350億円超の新薬の薬価を年4回見直すなど抜本改革の全容が決まった。

抜本改革の骨子は、長期品薬価と新薬創出等加算の抜本的な見直しを大きく打ち出した。長期品は、後発品の上市10年後から薬価を段階的に引き下げ、後発品薬価と揃える。後発品置換え率が80%以上の長期品は、6年かけて後発品の価格に揃え、先発品メーカーは市場撤退を判断できる。一方、後発品に置換えが難しい長期品は、10年かけて後発品の1.5倍まで引き下げ、後発品と一定の価格差を認める。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【政府協議会】地域の「予防」促進目指す-ヘルスケア産業育成で行動計画
  • 【協会けんぽ静岡支部】後発品促進、県内184病院に情報誌を配布-医療機関側の後発品処方促す
  • 【官民連携会議】途上国に診断薬の浸透促す-業界団体が合同委設置を
  • 【国際医療センター薬剤部】肝炎薬の相互作用DB構築-翻訳版で1万件以上検索可
  • 再生医療の規制調和目指す-アジア初の国際会議開催