医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【諮問会議】門前、敷地内薬局の技術料-加藤厚労相「引下げ検討」

【諮問会議】門前、敷地内薬局の技術料-加藤厚労相「引下げ検討」

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月06日 AM10:45

政府の経済財政諮問会議は1日、2018年度予算編成に向けて社会保障改革を議論し、民間議員は診療報酬改定のうち、特に調剤技術料に言及。、敷地内薬局を中心に調剤基本料を見直すべきとした。加藤勝信厚生労働相は「門前、敷地内薬局の実態を認識して適正化する方向で検討」と明言した。

民間議員は、診療報酬改定について、本体の引き上げが国民負担に直結するとし、改革努力を緩めず一層の取り組みを進めるべきと要求。特に調剤技術料について、薬局の機能分化や調剤報酬適正化の観点から、門前薬局、敷地内薬局を中心に調剤基本料を見直すべきと迫った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【GHITファンド】22年度までに2製品承認目標-5カ年計画を発表
  • 【国際医療研究センター】抗菌薬使用量、集計手引き作成へ-中小病院のAMR対策を支援
  • 【行政改革推進会議】調剤技術料の水準引下げを-安倍首相「予算編成に反映」
  • 【厚労省】“かかりつけ”要件見直し-手帳活用なしは評価引き下げ
  • 【厚労省】後発品319品目を薬価収載-アバプロ、タリオンにAG