医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【諮問会議】門前、敷地内薬局の技術料-加藤厚労相「引下げ検討」

【諮問会議】門前、敷地内薬局の技術料-加藤厚労相「引下げ検討」

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月06日 AM10:45

政府の経済財政諮問会議は1日、2018年度予算編成に向けて社会保障改革を議論し、民間議員は診療報酬改定のうち、特に調剤技術料に言及。、敷地内薬局を中心に調剤基本料を見直すべきとした。加藤勝信厚生労働相は「門前、敷地内薬局の実態を認識して適正化する方向で検討」と明言した。

民間議員は、診療報酬改定について、本体の引き上げが国民負担に直結するとし、改革努力を緩めず一層の取り組みを進めるべきと要求。特に調剤技術料について、薬局の機能分化や調剤報酬適正化の観点から、門前薬局、敷地内薬局を中心に調剤基本料を見直すべきと迫った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労科研で中間結果】抗癌剤の副作用重篤化回避-薬局薬剤師が電話フォロー
  • 【日薬】18年度改定は「70点」-山本会長がコメント
  • 【RS知財フォーラム】創薬研究、AIと共同作業に-大データ時代で知財戦略も変化
  • 「患者模型」用いた教育例を共有-岡山で多職種研究会が発足
  • 【厚労省検討会】遠隔診療の薬処方と管理、かかりつけ薬剤師が関与を-指針策定へ議論スタート