医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【諮問会議】門前、敷地内薬局の技術料-加藤厚労相「引下げ検討」

【諮問会議】門前、敷地内薬局の技術料-加藤厚労相「引下げ検討」

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月06日 AM10:45

政府の経済財政諮問会議は1日、2018年度予算編成に向けて社会保障改革を議論し、民間議員は診療報酬改定のうち、特に調剤技術料に言及。、敷地内薬局を中心に調剤基本料を見直すべきとした。加藤勝信厚生労働相は「門前、敷地内薬局の実態を認識して適正化する方向で検討」と明言した。

民間議員は、診療報酬改定について、本体の引き上げが国民負担に直結するとし、改革努力を緩めず一層の取り組みを進めるべきと要求。特に調剤技術料について、薬局の機能分化や調剤報酬適正化の観点から、門前薬局、敷地内薬局を中心に調剤基本料を見直すべきと迫った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】適応外使用の実態明らかに-レベチラセタム、4歳未満にも
  • 【薬事日報 薬大・薬学部調査】入学者数は安定傾向続く-大学別でなおもバラツキ
  • 【千葉大、岩手医大調査】全処方箋の約1割が変更不可-後発品ない先発品にも指示
  • 日本市場の魅力が低下、経営自由度の高い米・中へ-日薬連・多田会長
  • 【厚労省】タミフル、10代使用可能に-異常行動と因果関係不明