医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 「アポテカプロジェクト」スタート-金沢大など産学官連携事業

「アポテカプロジェクト」スタート-金沢大など産学官連携事業

読了時間:約 2分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月06日 AM10:30


■中山間地域に薬局を開設

金沢大学と白山市、(白山市)は、高齢化が進んだ地方の中山間地域に薬局を開設し、地域住民の未病や健康維持、地域医療を支える薬剤師の養成に取り組む産学連携の「」をスタートさせた。プロジェクトは、文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」の一環として進められ、薬剤師を目指す学生に中山間地域医療への理解や課題解決の取り組みを学ぶインターンシップを開発・実施し、人材の地域定着を目指したもの。2日に金沢大学薬学部の4年生と5年生の8人が薬局での就業体験を終えており、今年度内に複数回トライアルを実施し、課題や問題点などを検証した上で、新年度から本格的に実施する予定。今後はプロジェクトの対象となる施設や大学を広げていきたい考えだ。

就業体験を実施したコメヤ薬局吉野谷店

■健康支援と学生の就業体験をセットで

2017年10月に薬局を開設した吉野谷地区は、石川県南部の白山市東端に位置し、周囲を山々に囲まれた旧村域。65歳以上の高齢者が人口の約4割を占める。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】薬価改定、来年10月を主張-製薬団体「あくまで増税対応」
  • 【PMDA 第4期中計で基本方針】健康寿命延伸に役割果たす-患者データ活用を重点課題
  • 【厚労省検討会】臨床情報共有、創薬推進を-NCのあり方でヒアリング
  • 【日本調剤和歌山西薬局】「減薬提案書」を処方医に送信-近隣病薬との連携も構築
  • 本庶氏が根本厚労相を表敬-ノーベル賞受賞受け訪問