医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【諮問会議】技術料の価値を徹底検証-調剤基本料引下げ求める

【諮問会議】技術料の価値を徹底検証-調剤基本料引下げ求める

読了時間:約 1分43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月30日 AM10:45

政府の経済財政諮問会議は26日、2018年度予算編成に向けて社会保障改革を議論し、診療報酬改定について、調剤技術料が見合った価値を提供しているのか徹底検証し、薬局の機能分化と調剤基本料の適正化を推進すべきと提言した。これに対し、加藤勝信厚生労働相は、調剤報酬の抜本的見直しを進める方針を明言。かかりつけ薬剤師の取り組みを進め、患者に付加価値ある業務の評価へシフトする一方、門前薬局や敷地内薬局の評価を適正化する方向性を示した。

民間議員は、18年度予算編成においても社会保障費の伸びを5000億円増を下回る増加に抑制すべきと強調。診療報酬改定について、調剤報酬に言及。調剤技術料に見合った付加価値を生み出しているのかを徹底検証し、薬局の機能分化や調剤基本料の見直しなど調剤報酬の適正化を推進するよう求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて