医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【国際医療センター病院】英語表記で薬袋、薬情発行-外国人患者に対応、今月開始

【国際医療センター病院】英語表記で薬袋、薬情発行-外国人患者に対応、今月開始

読了時間:約 2分50秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月18日 AM10:30


■東京五輪控え国際化急ぐ

国立国際医療研究センター病院薬剤部は、今月からオーダリングシステムと連動した英語表記の薬袋と医薬品情報提供用紙の発行を開始した。増加する外国人患者への対応が狙い。これまで外国人患者への説明は、内用薬、外用薬、頓用薬について4カ国語に対応した外国語服薬支援ツールを活用してきたが、薬剤師が服用方法や回数を手書きで記入する手間や転記ミスの可能性があったことから、医師が処方時に「英語表記」とコメント入力するだけで自動的に薬袋、医薬品情報提供用紙が英語で出力されるシステムを構築した。2020年の東京オリンピック、パラリンピックの開催を控え、外国人患者への対応が求められる中、国際化に向けた取り組みが加速しそうだ。

英語で表記された薬袋

同センター病院は、外国人居住者が多い東京都新宿区に位置していることから、国際診療部を設置して外国人患者の受診や療養を積極的に支援してきた。外国人患者受け入れ医療機関として認証を受けているほか、訪日外国人の受け入れに適した日本国際病院の推奨病院にもなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ
  • 【厚労省作業部会】調剤外部委託は一包化限定-3次医療圏内が距離要件
  • 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で
  • 【医薬品第二部会】塩野義の経口コロナ薬、緊急承認は結論先送り-賛否両論、意見割れる
  • 【日病薬】日薬との統合に否定見解-木平前会長「形態異なる」