医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬局ヒヤリ・ハット上半期】増える疑義照会で事故防止-薬剤師が阻止、初の3割突破

【薬局ヒヤリ・ハット上半期】増える疑義照会で事故防止-薬剤師が阻止、初の3割突破

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月29日 AM10:30


■約半数は薬剤変更や削除に

日本医療機能評価機構は26日、2017年1~6月までに薬局で発生・発見したヒヤリ・ハット事例をまとめた集計報告を公表した。報告件数は2627件で、特に疑義照会関連の割合が2016年7~12月の下半期からさらに増加し、33.7%と初めて3割を突破。薬局薬剤師が処方の誤りに気づき、疑義照会することにより、水際で事故を防いでいる事例が増加している傾向がうかがえ、約半数の事例で薬剤変更や薬剤削除につながっていることが明らかになった。

今年の上半期に報告されたヒヤリ・ハット事例は、調剤関連が1728件(65.8%)と減少傾向が見られる中、医療機関で発生した処方の誤りを薬局で発見したなどの疑義照会関連が886件(33.7%)と増加し、初めて3割を突破した。薬局薬剤師が疑義照会して水際で事故を防いでいる事例が年々増えており、今年の上半期は昨年の下半期に比べて約4%増加。ヒヤリ・ハット事例のうち、疑義照会関連が初めて3割を突破するなど、薬剤師によるエラーの水際防止例が増え続けている傾向が鮮明になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協各側が意見書】診療側「医療者に十分な手当を」-支払側「診療所は利益率高い」
  • 【愛媛大学病院】敷地内薬局、2年後に設置か-多目的棟新設へ事業者公募
  • 【薬価部会で意見聴取】新薬創出企業は「区分I」に-支払側は競争後退と難色
  • 【臨床薬理学会で議論】製販後調査に患者レジストリ-難病、希少薬で活用論高まる
  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得