医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > アカデミア発創薬、基礎研究の強み生かす-蛋白質の構造解析に集中

アカデミア発創薬、基礎研究の強み生かす-蛋白質の構造解析に集中

読了時間:約 2分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年09月01日 AM10:00

北海道大学大学院薬学研究院創薬科学研究教育センターの前仲勝美センター長は、薬事日報のインタビューに応じ、アカデミア発創薬のあり方について、企業が行う最適化研究を追随するのではなく、大学が強みとする基礎研究力を生かした形での方向性を強調した。現在、標的蛋白質の構造解析に注力しており、小さな化合物から出発し、リード化合物に進展させる創薬手法「フラグメントベースドドラッグデザイン」(FBDD)を取り入れた。今後は、英オックスフォード大学と提携し、最近注目されているクライオ電子顕微鏡を用いた創薬標的の探索にも乗り出す。前仲氏は、「大学が苦手とするヒット化合物からリード化合物への合成展開は製薬企業に任せ、標的蛋白質の新たなメカニズム探索に集中するべき」と産学の役割分担が重要と訴える。

前仲氏

同センターでは、文部科学省の「最先端研究基盤事業化合物ライブラリー拠点」における全国6拠点の一つとして、日本発の創薬を目指しており、短期間で化合物ライブラリーからスクリーニングできる体制を整備した。ただ、前仲氏は、「ヒット化合物からリード化合物の最適化、その後の薬物動態試験と創薬を進めてきたが、後期段階の動物を用いた毒性評価までいくと、資金的な壁にぶつかってしまう」とアカデミア創薬の限界点を指摘する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性
  • 【財政審】初年度に相応しい改定を-中間年、全品対象強調
  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で
  • 【厚労省検討会】実務実習体制、認識に乖離-受け入れ施設側と学生で
  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解