医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【AMED】枯渇する創薬標的探し強化-クライオ電顕共用網を整備

【AMED】枯渇する創薬標的探し強化-クライオ電顕共用網を整備

読了時間:約 1分43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月19日 AM10:15


■手つかずの蛋白情報発掘へ

)は、新たな創薬標的を探索するため、最新型クライオ電子顕微鏡を多くの研究者が共用できる体制作りに乗り出す。世界的に創薬標的が枯渇する中、国内に4台しかないクライオ電顕の共用体制を作ることにより、手つかずだった膜蛋白質や天然変性蛋白質等に関する高解像度の動的構造情報から、新たな創薬標的を発掘したい考え。放射光と組み合わせ、最先端の構造解析ができる創薬研究のインフラ作りを急ぐ。

2017年度の医療分野の研究開発に配分する調整費で連携分野の一つである医薬品創出に44億円を投入。そのうち、最新型クライオ電子顕微鏡の共用ネットワーク構築に27億円を充て加速させる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療機能評価機構】併用禁忌薬投与で注意喚起-イムランとフェブリクなど
  • 【臨試協・熊谷会長に聞く】深刻なBE試験の二重登録-後発抗癌剤、被験者安全を問題視
  • 【厚労省】GPSP省令改正案示す‐使用成績調査を3つに整理
  • 【人事院】公務員薬剤師、初任給は20万7800円‐4年連続で引き上げ勧告
  • アイセイ、不正請求を公表-社内の自主点検で確認