医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】抗凝固薬の副作用報告せず-バイエル薬品に報告命令

【厚労省】抗凝固薬の副作用報告せず-バイエル薬品に報告命令

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月31日 AM10:30

バイエル薬品は26日、非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬()「」の服用症例のうち、12例の副作用を厚生労働省に報告していなかったと発表した。同社の営業社員が患者に無断でカルテを閲覧していた問題について、外部専門家を交えて調査を行った過程で判明した。これを受け厚労省は29日、同社に対して医薬品医療機器法に基づき報告命令を出した。全品目を対象に副作用の報告漏れなどがないか調査し、その原因について7月31日までに報告するよう求めた。

調査は2012年と13年、血栓症領域製剤の服薬患者を対象に、剤形や服薬回数など「服薬に関する嗜好」を聞き取ったもの。その過程で同社の営業社員が無断でカルテを閲覧、データを収集していた。調査票に選択肢として設けられた「鼻血や皮下出血が起こりやすい」「胃腸の症状が起こる(痛い、熱い、むかむかするなど)」「湿疹など皮膚症状がでる」との回答や、自由記載で回答された事項の一部を副作用として報告していなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】薬剤師資格証8.4万枚へ-2022年度末までに体制
  • 【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も
  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ