医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【三原薬剤師会】薬局で検査、市の委託事業に-薬剤師の指導料も予算化

【三原薬剤師会】薬局で検査、市の委託事業に-薬剤師の指導料も予算化

読了時間:約 2分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月26日 AM11:00

広島県の三原薬剤師会は今年度、健診や糖尿病の治療を受けていない市民を対象に薬局で薬剤師がHbA1c値や随時血糖値などを測定し、受診勧奨や生活習慣の指導を行う事業を三原市から受託した。国などの資金を原資に2年間同様の事業に取り組んできた実績が認められ、三原市の事業として位置づけられるまでに発展した。測定機器の購入費や消耗品代に加え、薬剤師の指導料として1回あたり410円が事業予算に組み込まれたことも大きな特徴だ。

三原薬剤師会センター薬局に設置した検体測定室(同会提供)

三原市は、糖尿病の治療費が高く、特定健診の受診率が低い地域。市民の糖尿病の発症を予防したり、糖尿病を早期に発見して悪化を防止したりすることが課題となっていた。三原薬剤師会はこれまで三原市の健康増進事業に協力し関係を構築。また、過去2年間で延べ千人以上の市民を対象にHbA1c値などを測定した実績もあった。こうした背景から、身近な薬局で糖尿病のリスクを早期に発見し、特定健診の受診などにつなげることは糖尿病の予防や悪化防止に役立つとして、三原市から事業を受託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて
  • 【厚労省検討会議】ロゼレムのOTC化難しく-褥瘡医薬品にも厳しい声
  • 【厚労省】薬剤調製や監査の評価新設-敷地内、基本料見直しへ