医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【AMEDシンポ】研究不正、日本は国の精査なし-米ORIの取り組み紹介

【AMEDシンポ】研究不正、日本は国の精査なし-米ORIの取り組み紹介

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年07月01日 AM11:00

)は6月28日、都内で医学研究の不正防止に関する国際シンポジウムを開いた。研究機関の不正を監視、独自調査する米国の政府機関である研究公正局(ORI)の取り組みが紹介され、日本では不正があった研究機関から提出された報告書について、政府機関による精査が存在しない問題点が指摘された。

米ORI調査監査部門長のスーザン・ガーフィンケル氏は、不正研究から政府の研究費を守るというORIのミッションを説明。研究不正の告発の取り扱い、不正の評価から事前調査、本調査、ORIによる精査という流れを示し、研究機関による調査報告書が出された後、政府機関による精査が行われるプロセスが日本には存在しないと問題点を指摘した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念
  • 【理研が世界初】コロナ薬候補の抽出成功-既存薬からスパコン「富岳」で
  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価