医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 化血研のワクチン、血液製剤「現時点では不足しない」-厚労省が見通し

化血研のワクチン、血液製剤「現時点では不足しない」-厚労省が見通し

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月10日 AM11:00

厚生労働省は7日、)が製造するワクチンや血液製剤などについて、現時点では「不足しない」との見込みを示した。インフルエンザHAワクチンについても、現時点で昨シーズンの必要量を上回り確保できるとした。化血研が同日、熊本地震による被害で製造停止していた製品の製造復旧計画を公表したことを受けたもの。既に化血研は、インフルエンザHAワクチンの製造については今月上旬から再開し、その他のワクチンや血液製剤などの製品についても今月中旬から9月下旬にかけて製造を再開する見通しを示した。

化血研によると、インフルエンザHAワクチン「インフルエンザHAワクチン『化血研』」と「ニューカッスル・IB混合生ワクチン『カケツケン』」などの動物用製剤8品目については、今月上旬に製造を再開した。「インフルエンザHAワクチン『化血研』」については、被災後の一定期間、ワクチン原液の生産を停止したことから、例年よりも減産し、9月下旬をメドに供給を始める見通し。動物用製剤8品目については、一部を除き供給も再開している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】原価計算方式を問題視-22年度改定へ検討課題
  • 【規制改革推進会議WG】処方箋40枚ルール撤廃を-厚労省「安全前提に検討」
  • 健康・医療戦略会議「医薬品開発協議会」、早期承認へ規制柔軟化を-ワクチン国産化めぐり議論
  • 【厚労省】「多剤服用」でモデル事業-国の業務手順書を先行運用
  • 【財務省】後発品新目標、早期策定を-BS選定基準検討求める