医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬事日報社、本紙・保険薬局調査―新卒採用予定は1割割る

薬事日報社、本紙・保険薬局調査―新卒採用予定は1割割る

読了時間:約 2分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月07日 AM10:15


■服用歴管理、非加算が激減

2015年度の新人薬剤師の確保は例年以上に厳しくなっているようだ。本紙が例年行っている「全国保険薬局調査」によると、15年度に新卒薬剤師の「採用予定がある」のは6%(前回12%)と10%を切った。前々回調査(16%)からは10ポイントも減少している。また、今年度の採用(配属)についても、「採用あり」は7%(前回8%、前々回12%)と漸減傾向にある。また、14年度診療報酬改正前に薬剤服用歴管理指導料の算定割合が「90%以上」と回答した割合は60%から10月時点で30%に激減、後発医薬品調剤体制加算についても非加算が33%から41%に増加し、加算の算定ができない施設が増えていることなどが明らかになった(4~5面に関連記事)
調査は全国の保険薬局から無作為に抽出した3000軒に実施、393軒から有効な回答が得られた。今年度は6年制薬剤師が誕生して3年目となったが、合格者数、合格率ともに大きく低下。その一方で保険薬局数はここに来て増加に転じ、全国で5万7000軒余を数えるに至っている。加えて、従来は採用が少なかった病院でも病棟薬剤業務実施加算(業務)への取り組みなどを反映し、求人が増加したこともあり、例年以上に人材確保が厳しかったようだ。

調査でも採用できたとした薬局は7・3%であり、前回の8・4%、前々回の12・2%と比べ年々、新人採用が厳しい状況に至っている。採用実績も一部の薬局を除けば、採用した薬局のほとんどがようやく「1人確保できた」といった状況だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ
  • 【厚労省作業部会】調剤外部委託は一包化限定-3次医療圏内が距離要件
  • 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で
  • 【医薬品第二部会】塩野義の経口コロナ薬、緊急承認は結論先送り-賛否両論、意見割れる
  • 【日病薬】日薬との統合に否定見解-木平前会長「形態異なる」