医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 抗けいれん剤「ミダフレッサ静注0.1%」の発売開始−アルフレッサ

抗けいれん剤「ミダフレッサ静注0.1%」の発売開始−アルフレッサ

読了時間:約 37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月24日 AM06:00

専門医などからの強い要望を受け

ファーマ株式会社は、12月17日より抗けいれん剤「ミダフレッサ(R)静注0.1%」(一般名:)の発売を開始したと発表した。


この画像はイメージです

ミタゾラム製剤は、催眠鎮静剤として使用されてきた一方、抗けいれん作用が強く、即効性があり、持続静脈内投与も可能であるため、てんかん重積状態の適応症取得について専門医などから強い要望があった。

てんかん重積状態への、国内唯一の静注用ミタゾラム製剤

このような事情を背景に、アルフレッサ ファーマが開発に着手。製造販売承認を取得し、発売に至ったという。

同製品は、てんかん重積状態への適応を取得した国内唯一の静注用ミタゾラム製剤。小児のてんかん重積状態の患者を対象とした臨床試験においても、その有効性・安全性が認められており、てんかん重積状態の治療に新たな選択肢を与えるものと期待されている。(

▼外部リンク
アルフレッサ ファーマ株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • バクスミー点鼻粉末剤、低血糖時の救急処置で承認-リリー
  • メラトベル、小児期の神経発達症に伴う入眠困難の改善で承認-ノーベルファーマ
  • 「ソリクア」、インスリン療法が適応となる2型糖尿病で承認-サノフィ
  • ゾルゲンスマ、脊髄性筋萎縮症(SMA)への遺伝子治療用製品として承認-ノバルティス
  • バリシチニブ、円形脱毛症で画期的治療薬に指定-米リリー