医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 九州保健福祉大学、富高薬局、利用者の約7%に受診勧奨―薬局での即時検査の効果を実証

九州保健福祉大学、富高薬局、利用者の約7%に受診勧奨―薬局での即時検査の効果を実証

読了時間:約 2分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月26日 PM06:00

、富高薬局などの研究グループは科学研究費の助成を受け、薬局で実施する即時検査の有用性を調べる臨床研究を2012年9月から実施している。地域住民らを対象に薬局内で週1回、骨密度、HbA1c、血糖、血清脂質など生活習慣病に関連する検査を無料で測定。検査値が正常範囲から逸脱しているとして、利用者の約7%に受診を勧奨した。治療中の患者に対しては検査を機会にコミュニケーションが深まり、服薬意義の理解促進や生活習慣の改善につながる効果もあったという。

週1回、薬局内のブースで各種検査を実施している

検査は、毎週金曜日の午後2時から午後5時まで、日向市にある富高薬局A店内にブースを設置し実施。九州保健福祉大薬学部准教授で薬剤師の河内明夫氏と、同薬局の薬剤師1~2人が対応している。指先穿刺による自己採血などを活用し、骨粗鬆症、糖尿病、脂質異常症、高血圧の各種検査が実施可能だ。

河内氏
  • 河内氏
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】「ヘプタバックス」製造問題-安定供給へ卸等に協力要請
  • 【愛知県】松浦薬業に業務停止34日-漢方製剤の製造記録偽造
  • 田中監麻課長「販売活動指針で追跡調査」-10月施行の社内体制整備
  • 【人事院】公務員薬剤師、初任給1500円引上げ-6年連続増で官民差も縮小
  • 濱谷保険局長「今月中に告示の可能性」-消費増税伴う薬価改定で