医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 日本病院薬剤師会、北田現会長を信任―学術活動の活性化目指す

日本病院薬剤師会、北田現会長を信任―学術活動の活性化目指す

読了時間:約 2分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年02月19日 AM09:48

日本病院薬剤師会は14日、第48回臨時総会で現会長の北田光一氏を次期会長候補(73票)として信任した。次期副会長候補も定数内のため信任投票し、現職の木平賢治、土屋文人、松田公子、松原和夫の各氏に加え、新人の佐藤博氏がいずれも、過半数の得票(代議員99人中75人出席)を得て信任した。正式には6月に開催する通常総会で承認されることになる。

左から佐藤、土屋、北田、松田、木平、松原の各氏

開会に当たって北田会長は、診療報酬改定に触れ、療養・精神病棟における病棟薬剤業務実施加算の算定期間の延長、薬剤師によるがん患者指導管理料の新設を挙げ、「日病薬は診療報酬の獲得を目的に薬剤業務に取り組んでいる団体ではないが、私たちの行っている業務がニーズに合い、患者や他の医療スタッフからきちんと評価されたことが、(改定に)反映されていると思う。これを励みに、さらに業務展開をお願いしたい」とあいさつし、新たな業務展開も視野に病薬業務の着実な拡大と定着に向けた努力を求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【機器・体診部会】同時検査キットをOTC化-コロナ、インフル流行対応
  • 【要指導・一般薬部会】要指導薬で初の抗肥満薬-大正のダイレクトOTC
  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も
  • コロナ薬「ゾコーバ錠」、11月28日から供給開始-加藤厚労相
  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案