医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 最高裁判決踏まえ議論を―後藤氏、厚労省検討会に注文

最高裁判決踏まえ議論を―後藤氏、厚労省検討会に注文

読了時間:約 43秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年05月13日 AM09:48

ケンコーコムの後藤玄利社長は10日、都内で会見し、厚生労働省の「一般用医薬品のインターネット販売等の新たなルールに関する検討会」で、1月の最高裁判決を踏まえた議論を行うよう訴えた。

後藤氏は、最高裁判決ではネット販売の一律禁止が憲法が保障する「職業活動の自由」の制約につながると判断している点に触れ、「ネット販売が原因で副作用リスクが高まったという事実が出ていない中で、対面の原則に則った立法をしていこうとすると、それ自体が違憲立法になる可能性がある」と説明。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見
  • 【NPhA】リフィル7割が応需なし-オンライン指導なし8割超
  • 【厚労省】ネット販売で遵守率低下-濫用恐れのある医薬品