医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > QLifeが医療者専用の無料翻訳サイトを公開―460万語の医薬専門辞書を搭載

QLifeが医療者専用の無料翻訳サイトを公開―460万語の医薬専門辞書を搭載

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年01月17日 PM08:13

医療者向けに特化

日本最大級の病院検索サイトや、医薬品情報サイトなどを運営しており、医療者向けメディア・アプリを提供している総合医療メディア会社のQLife(キューライフ)が、医療者向けに運営しているサイト「QLife Pro」で、医療者専門の無料翻訳サイト「QLifePro医療翻訳」を公開した。

(この画像はイメージです)

このサイトでは臨床医学や薬学、バイオテクノロジーなど様々な分野に関する合計460万語の医薬専門用語辞書を搭載している。そのためこれまでの一般向け翻訳サービスでは期待した翻訳結果が得られなかった「投与」「頻回」「悪心」などの医療用語を訳することができる。

【例】
「administration」:この単語は一般的には「管理」と訳されるが、医療分野では薬剤などの「投与」という意味で使用されることが多い。
「nausea」:一般には「吐き気」と訳すが医療分野では「悪心」表記する。

また、WHOやNHS、FDAなどの海外の保健機関や、Lancet、BMJ、NEJMなどの医学雑誌や医師、医療機関の公式Twitterの投稿を定期的に自動で翻訳し公開している。サイトの更新より早く新薬の承認情報や感染症の流行情報などリアルタイムで知るには最適だ。

またPubMed掲載の論文を日本語のキーワードで検索することが出来る機能や抄録(Abstract)の日本語表示、レコメンド機能も搭載されており、最新の論文を常にチェックしておきたい医療者には嬉しい機能が多く搭載されている。

医療者特化で「わかりやすい文章」に

これまでも翻訳サービスというのは多くリリースされていたが、医療分野は専門用語や略語が多い上に、英語は専門分野によって様々な訳を持つ単語も多い。一般向け翻訳サービスを利用すると一般用語に訳されたり、直訳されたが故に文章の意味が変わってしまったということが多々あった。

今回、「QLifePro医療翻訳」は医療者向けに専門辞書を搭載し、医療用語を優先して翻訳する事で文章もなめらかになるよう工夫が施されている。すでに医療者からは「意味を理解するには十分なレベル」と高い評価を得ているようだ。

同社では、医療者がタイムリーに正確な情報収集をしたいと考えている場合や、論文の執筆や検索をする時には「QLifePro医療翻訳」を利用してもらいたいと話している。

▼外部リンク

無料翻訳サイト「QLifePro医療翻訳」
http://translate.qlifepro.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 電解水を用いた透析システムで透析合併症を抑制-東北大
  • 「POCcelerator」10月1日発売、160機種以上のPOC検査装置の一元管理が可能に-シーメンスヘルスケア
  • 自走式カテーテルを開発、気管支内の診断精度向上に期待-東邦大と東京工業大
  • がん細胞代謝活性のリアルタイム測定手法を確立-東北大
  • メドトロニック、医療従事者向けトレーニング施設を川崎市のキングスカイフロントに開設