医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ニューロン、海事産業向けにアプリケーション主導のオンデマンドQoEを実現するネットワークAPIを発表

2024年04月10日 AM09:39
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

フロリダ州ミラマー

(ビジネスワイヤ) — 移動するモノのためのQoE管理プラットフォームである ニューロン は、アプリケーション主導の体感品質(QoE)をオンデマンドで可能にするため、海事ソリューションプロバイダーやアプリ開発者にネットワークAPIを提供すると発表しました。当社のネットワークAPIにより、クルーズ、海運、エネルギーなどの企業は、医療、災害対応、遠隔監視、管理などの重要な船上サービスのための接続性とQoEを再考することができ、乗客と船員へのより高度な安全基準とウェルビーイングを実現することができます。

発表の一環として、海上医療のグローバルリーダーである VIKAND と、海事向けローコード・ソフトウェアプラットフォームの開発者である FrontM と当社が提携し、海事産業全体の船上医療サービスを変革するための様々な方法を探索すると発表しました。

海事における帯域幅オーケストレーションは非常に手作業が多く非効率

海上の緊急事態において対応支援をするアプリやサービスは、対応時間、コミュニケーション、意思決定を加速するために、高いQoEと飛躍的に多い帯域幅が必要となります。乗客や船員、企業チームが利用可能なデータの大半を使用して既に混雑しているネットワークに、医療チームの船上での緊急事態対応が加わってきたらと考えてみてください。大容量ファイルを転送したり、遠隔地の専門医とHDビデオ会議を実施したり、遠隔診断などを行うためにオンデマンドで100 Mbps以上の対称帯域幅が必要になる場合があります。

現在、複数のプロバイダー間で帯域幅をダイナミックに調整し、QoSとネットワーク設定を短時間で更新しながら、その他全ての船上活動を中断させることなく高品質のエンドユーザー体験を確保することは不可能です。その代わり、クルーズチームはこの種のリクエストを管理するために手動でキャパシティを設定・準備し、帯域幅の優先順位付けとそれに応じたアプリケーションへの割り当てを行わなければなりません。この手順は不恰好かつ高価で時間もかかり、船上のソリューションチームは効率の悪い次善策を用いることになります。

ニューロンのネットワークAPIにより、マルチプロバイダーでAI搭載の接続オーケストレーションが可能に

ニューロンのネットワークAPIにより、海事ソリューションプロバイダーやアプリ開発者はアプリを直接ニューロンのAI搭載ネットワーク管理ソリューションであるニューロン・グリッドに接続し、オンデマンドでプログラムによりQoEをリクエストすることができます。アプリがリクエストを動作すると、ニューロンはAIと機械学習を用いてネットワークの変更を調整し、アプリが必要とする容量をリアルタイムで最適なQoEで提供します。船上の全てのチームはアプリ上でボタンを押すだけです。他のネットワーク管理ソリューションと異なり、ニューロンはプロバイダーが単一または複数であるか、軌道であるかネットワークであるか関わらず、あらゆる接続の組み合わせをひとつのベンダーニュートラルな環境にシームレスに融合することができます。

「通信ネットワークAPIは信じられないほど強力ですが、常にセルラーに焦点を当てており、LTE、サテライト、Wi-Fiに依存する海事企業にとっては価値が限定されています。」とニューロンの創業者兼CEOのBenny Retnamonyは述べています。「当社はマルチプロバイダーにAI搭載ネットワーク管理を提供しており、海事産業向けにアプリケーション主導のオンデマンドQoEを促進する上で独自の地位を確立しています。様々な海事ソリューションプロバイダーと協力し、海上での次世代アプリやサービスを生み出すことを楽しみにしています。」

ニューロン、VIKAND、FrontMが提携し、船上の医療サービスを変革

ニューロン、VIKAND、FrontMはニューロンのQoE管理プラットフォームを用い、海上における緊急および非緊急医療サービスを再考するための様々な方法を探索するために協力しています。VIKANDは、ニューロンのネットワークAPIによって、特に信頼性が高く高品質の接続が重要となる緊急時に、ケアの継続性を確保することができます。これにより、医師は高解像度のX線や超音波のための最新のデジタル画像装置や、スマート聴診器などのより高度な医療機器を船上から使用することができます。

  • 「オンデマンドで俊敏かつ弾力性のある接続は、海上での高度な医療技術とソリューションを実現するために必要です。」とニューロンの創業者兼CEOのBenny Retnamonyは付け加えます。「VIKANDとFrontMとの提携を通じ、ニューロンのプラットフォームを通して調整されたアプリケーション主導のオンデマンドQoEが、VIKANDの重要な船上医療サービス提供をいかに加速できるかを実証することに尽力しています。」
  • 「テクノロジーとコネクティビティは海上の船舶にとって非常に重要です。」と、 VIKAND・OneHealthのRonald Spithoutマネージングディレクターは述べています。「海上医療の可能性を向上させるため、当社は FrontMと常に最新式の現代技術の導入に努めています。その中で、ニューロンの体感品質管理プラットフォームとの統合は特定のアプリケーション要件に最も適合する利用可能なキャパシティを自動的につなげる可能性をもたらすものであり、ヘルスケアや医療的緊急事態について語る上で、全てを変える可能性があります。VIKANDはニューロンと提携し、この技術を海上福祉の向上に役立てることができてうれしく思います。これは我々の業務に付加価値を与え、船員の価値を守り、海事産業全体に利益をもたらしてくれます。」
  • FrontMのGuillermo Acilu CTOはこう加えます。「ニューロンのネットワーク管理APIとFrontMのローコード・フレームワークを組み合わせることで、Vikandの医療ソリューションの接続性を向上することができ、うれしく思います。Vikandの医師や船員がダイナミックに向上した接続性により進化したソリューションにアクセスできるだけでなく、同時に効率性と保証を顧客にもたらしてくれます。ニューロンとのこの提携は、我々のアプリマーケットプレースにおける幅広いアプリケーションの顧客体験を最大化する大きな機会を切り開いてくれます。」

ニューロン、VIKAND、FrontMのショートデモビデオは、 こちら をクリックしてご覧ください。

海上における次世代アプリやサービスを生み出す

重要な船上サービスのためのアプリケーション主導のオンデマンドQoEはまだ始まったばかりです。将来的には、海事ソリューションプロバイダーはニューロンのネットワークAPIを用いて差別化・個別化された乗客体験を提供することもできます。例えば、サンデーナイト・フットボールのような特別なイベントのためにIPTVのコンテンツや品質を調整したり、高画質VoD用にダイナミック・コンテンツ・キャッシング・プレポジショニングを行ったり、海の真ん中でハイパーコネクテッド・ライブイベントやフェスティバルを開催することができます。

ニューロンはさらなるパートナーと提携し、より多様なユースケースにネットワークAPIを活用する新しい方法の探索に取り組んでいます。

ニューロンについて

ニューロンは移動するモノのための初のAI搭載QoE管理プラットフォームです。AIと機械学習を用いて、あらゆる接続の組み合わせをプロバイダー、軌道またはネットワークに関わらずひとつのベンダーニュートラルな環境にシームレスに融合し、包括的な分析とダイナミックなネットワーク・オーケストレーションを実現し、最も遠隔で届きにくい場所でも、可能な限り最高の体験の質(QoE)に最適化します。

現在、ニューロンは、航空、クルーズ、海運など、世界をリードするフォーチュン500企業と提携しています。詳細については、 www.getneuron.com をご覧いただき、 LinkedIn をフォローしてください。

VIKANDについて

VIKANDは、海事産業におけるグローバル医療サービスとリスク緩和ソリューションの主要なエキスパートで、1,500名の海上医療プロフェッショナルのグローバルネットワークを運営し、4つの主要拠点により44か国に展開しています。VIKANDの思いやりがあり献身的なチームは毎日4,100件以上の海上医療サービスを提供しています。

OneHealthにより、VIKANDは船員の心身の健康を最適化する予防的メンテナンス・アプローチを提供します。海上の船は人々が相互に依存しながら生活し働く独立したエコシステムです。OneHealthは多様で包括的なアプローチを取り、船上での全ての健康とウェルネスを守ります。

VIKANDの包括的なアプローチは、感染症から慢性疾患、精神的な健康問題など、さまざまな健康問題に対する準備、予防、発見、対応、管理を一体化しています。 www.vikand.com

FrontMについて

FrontMは、英国に本社を構え、海事産業産業受けに包括的なスーパーアプリ・プラットフォームを提供するコラボレーション・ソフトウェア企業です。サービスプロバイダー、ソリューションプロバイダー、船舶運航会社とその船員をつなぐことで、FrontMは海上でのコミュニケーション、コラボレーション、船員の福祉、業務効率の向上を促進します。

船員の接続性を優先し、専門医による包括的なケアを提供する船員向けヘルスケアから、ソーシャルおよびジャストインタイムのラーニングツールによる船員のトレーニングやスキル開発、業界初のIPテレビ、ソーシャル・インターネット、ビデオ会議からバーチャルイベントといった船員向けエンターテイメントなど、独自のマーケットプレース・アプリを提供し、船舶を陸地の延長のように運営できるようにします。

デジタル化と統合サービスへのワンストップ・ソリューションに重点を置くFrontMは、アプリ疲労の課題を克服し、海事産業のデジタル変革を推進することに専念しています。 www.frontm.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240409712028/ja/

同じカテゴリーの記事 

  • Verastem Oncology Announces First Patient Dosed with GFH375/VS-7375, a KRAS G12D (ON/OFF) Inhibitor, in a Phase 1/2 Trial in China as Part of Collaboration with GenFleet Therapeutics
  • パース・バイオサイエンシズ、認定サービスプロバイダープログラムを開始
  • Parse Biosciences推出认证服务提供商计划
  • ILJIN SNT Co., Ltd. Calls on Board of Aurinia Pharmaceuticals to Honor Shareholders’ Voices Expressed at the AGM
  • Sunbird Bio to Present Data from Study Evaluating Tau Blood-Based Biomarkers at the Alzheimer’s Association International Conference® 2024 (AAIC®)