医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

マリアナ・オンコロジー、 ノバルティスによる買収で精密放射性療法によるがん治療を加速

2024年05月03日 AM02:49
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

マサチューセッツ州ウォータータウン

(ビジネスワイヤ) — がん患者治療のための放射性医薬品革新の新たな時代を切り開く完全統合バイオテクノロジー企業のマリアナ・オンコロジーは、前払いで10億ドル、マイルストーン達成時に最大7億5000万ドルという条件で、ノバルティスに買収されることを発表しました。今回の買収により、マリアナ・オンコロジーの革新的な放射性医薬品パイプラインとプラットフォームが、ノバルティスの実績ある臨床開発および商業化ノウハウと統合されます。

マリアナ・オンコロジーは、幅広い固形腫瘍がんを標的とする新規ペプチドベース放射医薬品の堅牢なポートフォリオを開発し、製造能力、幅広いアイソトープのサプライチェーン、最終製品の保管寿命を延ばすための新処方への投資を行ってきました。同社の主力プログラムであるMC-339は、小細胞肺がんを標的とする新規の放射性リガンド療法(RLT)です。

「ノバルティスは、世界クラスのチームとグローバルな展開を誇る放射医薬品の商業化における確立されたリーダーです。今回の提携により、強力な能力が結集します」と、マリアナ・オンコロジーの創設者兼CEOである サイモン・リードは述べています。「マリアナ・オンコロジーは、創立以来、業界をリードする放射医薬品探索プラットフォームと革新的なパイプラインを短期間で構築しました。当社の戦略は、エンドツーエンドの放射医薬品研究開発における独自の課題を克服し、最終的にこれらの薬剤を患者様にお届けすることに重点を置いています。両社も、がん治療の変革にコミットしており、この提携によって、より効果的に実現できるでしょう。」

「ノバルティスは、マリアナ・オンコロジー買収により、放射性リガンド療法(RLT)研究における卓越した人材と新たな能力を獲得することになります。これは、当社の幅広い社内研究および創薬活動に加え、トランスレーショナル開発および臨床開発能力を補完するものです」と、ノバルティスのバイオメディカルリサーチ部門でオンコロジーグローバル責任者を務めるシーヴァ・マレック博士は述べています。「これは理想的な組み合わせであり、RLTの発見を臨床開発に移行させ、患者様に革新的な治療法を提供するために、今後も先駆的な科学研究を共に進めていけることを大変嬉しく思います。」

マリアナは、2021年にAtlas Venture、Access Biotechnology、RA Capital Managementによって設立されました。その後、DeepTrack CapitalやForbionなどのトップ投資家から追加資金調達を実施しています。

この買収は、慣習的な完了条件を満たすことを条件としています。

マリアナ・オンコロジーは、この取引において、Centerview Partners LLCをファイナンシャルアドバイザー、Goodwin Procterを法務顧問として選定しました。

マリアナ・オンコロジーについて
マリアナ・オンコロジーは、がん治療における新たな基準となる標的ペプチドベース放射性リガンド療法(RLT)を開発する完全統合型の放射性医薬品会社です。RLTは、腫瘍への浸透を最大限に高め、毒性を最小限に抑えるように設計されています。マリアナは、世界トップクラスの放射性医薬科学と製造のエキスパートが集結し、放射性リガンド療法の発見、開発、提供においてエンドツーエンドのイノベーションを牽引する企業です。同社は、幅広い難治性がんの治療を目的とした新規RLTのポートフォリオを開発しています。マリアナが主導するプログラム「MC-339」は、アクチニウムをベースとした放射性リガンド療法であり、小細胞肺がんの治療法として臨床試験が進められています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240502904443/ja/

CONTACT

Media:

media@marianaoncology.com

Investors:

Chris Brinzey, ICR Westwicke

chris.brinzey@westwicke.com

同じカテゴリーの記事 

  • Heuron Gets FDA Green Light for Stroke Triage and Notification Solution
  • iCell Gene Therapeutics Announces Positive Clinical Data from Investigator Initiated Phase 1 Trial Evaluating BCMA-CD19 Compound CAR in Patients with Systemic Lupus Erythematosus/Lupus Nephritis Published in Annals of the Rheumatic Diseases
  • Galderma Launches Restylane® VOLYME™ in China – One of the World’s Fastest Growing Aesthetics Markets
  • Immunis Partners with Japanese Drug Company Toray to Reverse Sarcopenia
  • Otsuka to Terminate Development of AVP-786