医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ベイジーン、非小細胞肺がん治療薬チスレリズマブに対してCHMPから肯定的意見を受領

2024年02月28日 PM09:43
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

スイス・バーゼル、中国・北京、米マサチューセッツ州ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — がん領域専門のグローバル製薬企業ベイジーン(NASDAQ: BGNE; HKEX: 06160; SSE: 688235)は、欧州医薬品庁(EMA)のヒト用医薬品委員会(CHMP)から、非小細胞肺がん(NSCLC)の治療薬として、3つの適応症でチスレリズマブの承認を推奨する肯定的意見を受領したことを発表しました:

  • 局所進行性NSCLCで外科的切除またはプラチナ製剤ベースの化学放射線療法が適応とならない成人の扁平上皮NSCLC患者、または転移性NSCLCの1次治療に対するカルボプラチンおよびパクリタキセルまたはナブパクリタキセルとの併用。
  • 腫瘍細胞の50%以上にPD-L1が発現し、EGFRまたはALK陽性の変異がなく、局所進行性NSCLCで外科的切除またはプラチナ製剤ベースの化学放射線療法の候補でない成人非扁平上皮NSCLC患者、または転移性NSCLC患者に対する1次治療に対するペメトレキセドおよびプラチナ製剤ベースの化学療法との併用。
  • プラチナ製剤による前治療歴のある局所進行性または転移性NSCLCの成人患者に対する単剤療法として。EGFR変異またはALK陽性のNSCLC患者は、チスレリズマブ投与前に標的療法も受けている必要があります。

「欧州連合を含む全世界で約1,500名の患者さんを登録した3つの第3相臨床試験を通じて、チスレリズマブは、治療歴のない、または治療抵抗性のNSCLC患者さんに有効な治療法であることが証明されています。」と、ベイジーンの固形がん担当最高医療責任者(CMO)であるマーク・ラナサ医学博士は述べています。「今回のCHMPによる肯定的な見解は、欧州で最も一般的ながんの一つであり、同地域におけるがん死亡の主な原因である肺がんの患者さんに重要な治療選択肢を提供することに一歩前進するものです。」

NSCLCに対する医薬品販売承認申請(MAA)は、1499名の患者を登録した3つの第3相試験の結果に基づいています。進行性扁平上皮NSCLCを対象としたチスレリズマブ併用療法を評価したRATIONALE 307試験と、局所進行性または転移性非扁平上皮NSCLCを対象としたチスレリズマブ 併用療法を評価したRATIONALE 304試験の1次治療の結果は、それぞれ JAMA Oncology Journal of Thoracic Oncology に掲載されました。前治療歴のある進行NSCLCに対するtislelizumabを評価したRATIONALE 303試験の2次単剤療法の結果は、 Journal of Thoracic Oncology に掲載されました。

また、ラナサ博士は、「固形がんにおける当社のグローバル・ポートフォリオを強化する中で、今回のCHMPによる肯定的な見解は、進行性食道扁平上皮がんの治療薬として承認されたわずか数ヶ月後に、 欧州連合においてチスレリズマブが新たな重要なマイルストーンを達成したことを意味します。私たちは、世界中の患者さんの未解決のニーズに応えるため、チスレリズマブを単剤療法および併用療法で使うことを進めていくために、引き続き科学とデータに従っていきます。」と、述べました。

チスレリズマブは、TEVIMBRA ® の商品名で、2023年に欧州委員会から化学療法歴のある進行性または転移性ESCC患者に対する承認を取得し、現在米国食品医薬品局で承認審査が行われています。チスレリズマブはまた、切除不能、再発、局所進行または転移性のESCC患者に対する1次治療薬としてFDAの審査を受けています。ベイジーンは、チスレリズマブについて、登録が可能な17以上の臨床試験を開始し、現在までに1万3000人以上の患者が登録されています。このうち15件の試験で既に良好な結果が報告されています。これらの臨床試験において、チスレリズマブは、単剤療法および他のレジメンとの併用療法のいずれにおいても、多くの場合PD-(L)1のステータスに関係なく、さまざまな腫瘍型のがん患者において、ベネフィットとリスクのバランスが良好で、生存期間およびQOLの臨床的に意義のある改善をもたらす能力を一貫して実証してきました。現在までに90万人以上の患者さんにチスレリズマブが処方されています。

RATIONALE 307試験について
RATIONALE 307試験(NCT03594747)は、進行性扁平上皮NSCLC患者360名を登録したオープンラベルの無作為化第3相臨床試験です。本試験では、PD-L1発現の有無にかかわらず、1次治療としてチスレリズマブと化学療法を併用した結果、無増悪生存期間(PFS)が統計学的に有意に改善し、客観的奏効率(ORR)も向上し、安全性/忍容性プロファイルも管理可能であったことから、主要評価項目を達成しました。PFSの中央値は、チスレリズマブとパクリタキセルおよびカルボプラチンの併用で 7.7ヵ月(ハザード比、HR:0.45 [95% CI:0.326-0.619]、P< 0.001)、チスレリズマブとナブパクリタキセルおよびカルボプラチンの併用で9.6ヵ月(HR:0.43[95%CI:0.308-0.60]、P<0.001)、パクリタキセルおよびカルボプラチン単独投与群5.5ヵ月(HR:0.43[95%CI:0.308-0.60]、P<0.001)で、試験追跡期間中央値は8.6ヵ月。最も一般的なグレード3以上の治療緊急有害事象は、好中球減少、白血球減少でした。

RATIONALE 304試験について
RATIONALE 304試験( NCT03663205)は、局所進行性または転移性の非扁平上皮NSCLC患者334名を登録したオープンラベル無作為化第3相試験です。本試験は、1次治療としてチスレリズマブと化学療法を併用した場合、化学療法と比較してPFSが統計学的に有意に改善し(HR:0.65[95%CI:0.47-0.91]、P=0.0054)、奏効率および奏効期間が延長し、主要評価項目を達成しました。全集団およびPD-L1≧50%集団におけるPFS中央値は、チスレリズマブとプラチナ製剤(カルボプラチンまたはシスプラチン)およびペメトレキセド併用群で9.7ヶ月、プラチナ製剤およびペメトレキセド単独群で7.6ヶ月、チスレリズマブと化学療法併用群で14.6ヶ月、化学療法単独群で4.6ヶ月(層別HR:0.31[95%CI:0.178-0.547])で、追跡期間の中央値9.8ヵ月。最も一般的なグレード3以上の治療緊急有害事象は化学療法に関連するもので、好中球減少と白血球減少が含まれました。

RATIONALE 303試験について
RATIONALE 303試験(NCT03358875)は、プラチナ製剤ベースの化学療法の前治療で進行した進行性NSCLC患者805名を登録した、チスレリズマブ対ドセタキセルのオープンラベル無作為化第3相試験です。本試験は、PD-L1発現の有無にかかわらず、2次治療または3次治療のチスレリズマブが、Intent-to-treat(ITT)集団においてドセタキセルと比較して統計学的に有意かつ臨床的に意義のある全生存期間(OS)の改善をもたらし、主要評価項目を達成しました(HR:0.66[95%CI:0.56-0.79]、P<0.0001)。OS中央値はドセタキセル群11.9ヶ月に対し、チスレリズマブ群16.9ヶ月。最終解析では、PD-L1陽性集団のOSも有意にチスレリズマブに有利に改善しました(それぞれ中央値19.3ヶ月対11.5ヶ月、HR:0.53[95%CI:0.41-0.70]、P<0.0001)。最も多く報告されたグレード3以上の治療緊急有害事象は、肺炎、貧血、呼吸困難でした。

NSCLCについて
肺がんは、世界で2番目に多く発生するがんで、がんに関連する死亡原因の第1位となっています。1肺がんは、欧州で3番目に多く発生するがんで、NSCLCは肺がん全体の85~90%を占めています。22020年、欧州で新たに肺がんと診断さ れた患者数は推定47万7534人です。3

チスレリズマブについて
チスレリズマブは、PD-1に対して高い親和性と結合特異性を有するユニークなデザインのヒト化免疫グロブリンG4(IgG4)抗プログラム細胞死タンパク質1(PD-1)モノクローナル抗体です。マクロファージ上のFcガンマ(Fcγ)受容体との結合を最小限に抑えるように設計されており、体内の免疫細胞が腫瘍を検出し、腫瘍と闘うのを助けます。

ベイジーンについて
ベイジーンは、世界中のがん患者にとってより安価で利用しやすい革新的な治療法を発見・開発するグローバルながん領域専門の製薬企業です。広範なポートフォリオを有し、社内の能力と提携により、新規治療薬の多様なパイプラインの開発を推進しています。ベイジーンは、医薬品を必要としているより多くの患者さんが、医薬品にアクセスできるよう、状況を根本的に改善することに全力を尽くしています。バーゼル、中国政府、米国マサチューセッツ州ケンブリッジにオフィスを構え、グローバル・チームは世界5大陸にまたがり、世界で1万人以上の従業員を擁しています。ベイジーンの事業についての詳細は、公式ウェブサイト www.beigene.com をご覧いただくか、LinkedInX(旧Twitter)をフォローしてください。

将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、1995年米国私募証券訴訟改革法およびその他の連邦証券法で定義される意味での将来見通しに関する記述が含まれています。これには、未治療および治療抵抗性のNSCLC患者に対する治療としてのチスレリズマブの有効性、世界中の患者の満たされていないニーズに対応する治療法としてのチスレリズマブの将来的な進歩、がん患者の生存と生活の質における臨床的に有意義な改善を一貫してもたらすチスレリズマブの能力、および「ベイジーンについて」の項目に記載されているベイジーンの計画、取り組み、願望、目標に関する記述が含まれます。実際の結果は、医薬品候補の有効性と安全性を実証するベイジーンの能力、さらなる開発または販売承認を支持しない可能性のある医薬品候補の臨床結果、臨床試験の開始、時期、および販売承認の進捗に影響を与える可能性のある規制機関の措置、承認された場合、販売される医薬品および医薬品候補の商業的成功を達成するベイジーンの能力、医薬品および技術の知的財産の保護を取得し維持するベイジーンの能力、医薬品の開発、製造、商業化およびその他のサービスを実施するためのベイジーンによる第三者への依存、医薬品の規制当局の承認取得および商業化におけるベイジーンの限られた経験、事業のための追加資金を獲得し、医薬品候補の開発を完了し、収益性を達成し、維持するベイジーンの能力、ならびにベイジーンの最新のForm 10-Q四半期報告書の「リスク要因」と題するセクション、およびベイジーンが米国証券取引委員会に提出したその後の報告書に記載された潜在的なリスク、不確実性およびその他の重要な要因の説明でより詳細に説明されているリスクなど、さまざまな重要な要因の結果、将来見通しに関する記述で示されたものと大きく異なる可能性があります。本プレスリリースに記載されているすべての情報は、本プレスリリースの日付現在のものであり、法律で義務付けられている場合を除き、ベイジーンはこれらの情報を更新する義務を一切負いません。

ベイジーンのメディアリソースにアクセスするには、ベイジーンの ニュース&メディア サイトをご覧ください。

_____________________
1グローボカン、2020年。 900-world-fact-sheets.pdf (iarc.fr)
2欧州臨床腫瘍学会。非小細胞肺癌とは何か?https://www.esmo.org/content/download/7252/143219/file/en-non-small-cell-lung-cancer-guide-for-patients.pdf
3Sung H、世界のがん統計2020年版:グローボカンによる185ヵ国36例のがんの世界罹患率および死亡率の推定値。CA Cancer J Clin. 2021;71(3):209-49.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240226177872/ja/

CONTACT

Investor Contact:

Liza Heapes

+1 857-302-5663

ir@beigene.com

Media Contact:

Kyle Blankenship

+1 667-351-5176

media@beigene.com

同じカテゴリーの記事 

  • Modalis Announces Partnership with Ginkgo Bioworks
  • テリックス・ファーマシューティカルズ、ARTMSの買収を完了
  • Telix Pharmaceuticals Limited完成对ARTMS, Inc.的收购
  • 世界的な「Quit Like Sweden(スウェーデン式禁煙)」運動で、数百万人の喫煙者の命を救う
  • Crown Bioscience Achieves CAP 15189 Accreditation; ISO 15189 Standard for Quality Medical Laboratory Services