医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【感染症学会など声明】女性患者へ調剤「慎重に」-妊婦禁忌のコロナ薬で

【感染症学会など声明】女性患者へ調剤「慎重に」-妊婦禁忌のコロナ薬で

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年11月17日 AM10:31

日本感染症学会や日本医師会、日本薬剤師会など5団体は14日、妊婦を禁忌とする新型コロナウイルス感染症治療薬の処方・調剤について、妊娠可能な世代の女性患者に行う場合は慎重に判断するよう求める合同声明を出した。服用後に妊娠が判明する事例が多数報告されている実態を踏まえたもの。

合同声明は、、日本薬剤師会が連名で公表した。

声明では、妊婦にとって禁忌としているコロナ治療薬が処方・調剤され、その後に妊娠が判明し、患者は大きな不安を抱えて妊娠と向き合うことになっていると指摘。コロナ治療薬を処方する医師、調剤する薬剤師に対して、妊娠可能な年齢の女性に問診の結果、妊娠可能性がないと申告されても完全に排除できるものではないことに留意するよう求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】自宅でのテレワーク可能に-医薬品製造管理者業務
  • 【厚労省】電子処方箋に機能追加案-アレルギー歴参照機能も
  • 【日薬連薬価研】「特例後発品」適用は1割-A区分企業の品目調査
  • 【薬局機能検討会】地域連携薬局は「在宅機能」-健サポとの棲み分け図る
  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ