医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会議】緊急避妊薬の再検討開始-スイッチ化へ議論深まるか

【厚労省検討会議】緊急避妊薬の再検討開始-スイッチ化へ議論深まるか

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月09日 AM11:30

厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」は7日、緊急避妊薬のスイッチOTC化に関する再検討を開始した。今後、医師の処方箋なしに緊急避妊薬の販売が可能な諸外国の販売状況や使用状況などについて、海外調査を実施する。海外調査結果を得た後に、国内で緊急避妊薬のスイッチOTC化に関する課題や解決策を検討していく方針だ。

緊急避妊薬をめぐっては、海外90カ国で医師の処方箋なしに購入できる一方、日本では医療用医薬品で保険適用も認められていない。2017年に開かれた厚労省のスイッチOTC化に関する検討会では、性教育の遅れや対応する薬剤師の知識不足、安易な販売、悪用や濫用の懸念などを理由に否決されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供
  • 【厚労省検討会】6年制卒の免許取得「当然」-一貫した臨床研修検討を
  • 【都薬】後発品の流通調査を開始-回収対応など問題点探る
  • 【臨床救急医学会】「救急専門薬剤師」を創設へ-具体的要件の検討スタート
  • 【精神神経センター病院】アマンタジンを半量誤投与-廃棄ルール守らず再利用