医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

LetsGetChecked、FDAのEUA承認を受けた在宅型コロナウイルス(COVID-19)検査用シュア・トラック・テストを発表

2020年06月01日 PM03:28
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) — 直販用の在宅健康検査キットおよび健康関連インサイトを提供するリーダー企業のLetsGetCheckedは本日、消費者が在宅で使用できる新しいコロナウイルス(COVID-19)検査用シュア・トラック・テスト(Sure-track Test)について、米国食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可(EUA)に基づく承認を与えたと発表しました。この新しいテストは、専有の在宅型PCR用鼻腔スワブ検査キットでリスク保有者にサービスを提供することが承認されました。この検査により、正確で確定的な結果を24時間以内に提供できます。

LetsGetCheckedの新しいシュア・トラック・テストはエンドツーエンドのモデルを提供することで、FDAのEUA承認を受けた最も完全な在宅型コロナウイルス検査ソリューションとなります。在宅型コロナウイルス(COVID-19)検査キットは、鼻腔スワブとPCRラボ検査を組み合わせ、24時間以内に簡便な方法で確実な結果を提供します。抗体の存在を検出する血清検査と違い、在宅型COVID-19検査キットはSARS-CoV-2ウイルスRNAの有無を判定します。

LetsGetCheckedのシュア・トラック・テストは、FDAのEUA承認を受けた在宅型コロナウイルス(COVID-19)検査キットとして唯一、採取キットの製造工程からロジスティクス、ラボ検査、医師の承認まで含む検査サービスのあらゆる側面に対応でき、お客さまにとって比類のない安全性と規模を実現するロバストなシステムを提供します。本在宅型コロナウイルス検査キットはLetsGetCheckedのネットワーク接続プラットフォームとセットになっています。本プラットフォームは、資格を持つ医療専門家が支える年中24時間体制の遠隔医療サービスと、検査結果陽性者の隔離とケアについてタイムリーなガイダンスを提供します。

LetsGetCheckedの創設者で最高経営責任者(CEO)のピーター・フォーリーは、次のように述べています。「当社は、FDAによるEUA承認を受け、シュア・トラック・テストを導入し、米国で必要としているコミュニティーに利便性・安全性・高精度を備えた在宅型コロナウイルス検査キットを提供できることに感激しています。当社は市場で唯一の真のエンドツーエンドのサービス構築に何年も費やしてきましたが、これにより比類のないサービスをお客さまに提供することができます。」

当社の在宅型コロナウイルス(COVID-19)検査キットは、あらゆるタッチポイントで安全を念頭に置いて設計しました。お客さまがスワブ検体を自己採取した後、ウイルスを不活化する溶液が入った特別な輸送用チューブに採取スワブを入れ、輸送業者からラボ技師まですべての関係者を汚染・感染から確実に守ります。市場に出ている他の検査キットは生理食塩水を使用していますが、活性ウイルスを輸送することでリスクが高まります。また本溶液はSARS-CoV-2のRNAをそのままの状態に保つため、検査の精度が高まります。

LetsGetCheckedの疫学・臨床研究担当ディレクターであるグウェン・マーフィー(PhD、MPH)は、次のように述べています。「コロナウイルスの危機はすべての人々に影響を及ぼしており、信頼できる検査ソリューションを投入できるのみならず、サプライチェーンに関与するすべての人々にとって安全なソリューションを提供できることは、当社にとって大きな喜びです。当社のシステム全体が審査プロセスの一環として検討されましたが、真に独自の在宅型コロナウイルス検査サービスをお客さまに届けるためにFDAと協力でき、当社は非常にうれしく思います。在宅型検査キットは職場の安全を保証する上で中心的な役割を果たすものであり、当社はそのことを念頭に置いてプロトコルの開発・周知に貢献しています。」

カリフォルニア州モンロビアを拠点とするLetsGetChecked所有のCLIA/CAP/BSL II認定高複雑ラボは、現時点で週当たり30万件の処理能力を持ちますが、 50州すべての提携先および個人の需要を満たすため、週当たり数百万件という能力の構築に取り組んでいます。

LetsGetCheckedは本日のFDAによる在宅使用のEUA承認に先立ち、今日のトップ企業のグローバルリーダーや、最前線の医療従事者と協力し、10万人以上にコロナウイルス検査キットを提供してきました。LetsGetCheckedは最近、全米プロゴルフ協会とテーラーメード・ドライビングリリーフ・トーナメントで提携し、イベントの前と最中に検査を実施して、プレーヤー、クルー、オンサイトチームが、活動停止後初めてテレビ放映されるプロスポーツイベントで安全にプレーできるようにしました。当社はまた、全関係者の症状と体温をモニタリングする追跡能力を備えたモバイルアプリを開発しました。これは、LetsGetCheckedが、全国規模で個人を検査し、当国を再始動するためのリソースをあらゆる分野の業界に提供する上で果たす極めて重要な役割を示すものです。

シュア・トラック・テストは2020年5月28日よりwww.LetsGetChecked.comにて、1キット当たり129ドルで、本ウェブサイトの解説付きリスク質問票に定められた基準を満たすリスク保有者に提供できるようになります。検査キットは購入から24時間以内に手元に届き、確定的結果は(ラボの検体受け取りから)24時間以内に提供されます。

LetsGetCheckedについて:

健康関連インサイトを提供する有力企業のLetsGetCheckedは、消費者が自宅から広範な各種検査オプションや臨床サービスを直接的に利用できるようにしています。2015年設立の当社は、人々の力を高め、自分の健康に関して積極的な役割を果たし、より長く幸せな生活を送れるようにします。LetsGetCheckedは医療データと診断結果を組み合わせることで、より優れた医療の意思決定を実現するための充実した健康関連インサイトを提供します。LetsGetCheckedの検査キットは一般的な健康、男性の健康、女性の健康、性の健康をカバーし、全米、カナダ、欧州で利用可能です。LetsGetCheckedはニューヨーク市とダブリンに自社事業所を構えています。詳細情報についてはwww.letsgetchecked.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200531005038/ja/

CONTACT

LetsGetChecked

Alyssa Kluge

press@letsgetchecked.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Apros Therapeutics Announces IND Clearance from U.S. FDA to Initiate the Trial of APR003, an Orally-Administered Gastrointestinal/Liver-Targeted TLR7 Agonist for Treatment of Advanced Colorectal Cancer (CRC) with Malignant Liver Lesions
  • Taiwan Innotech Expo (TIE) Showcases Strong Ecosystems in the Post-Pandemic World
  • Dr. Reddy’s Laboratories announces the launch of Over-The-Counter Diclofenac Sodium Topical Gel 1%, the store brand version of Voltaren® Arthritis Pain in the U.S. Market
  • GC Pharma Taps Small Molecule AI Expert Atomwise to Expand Hemophilia Franchise
  • 随着越来越多的客户和合作伙伴使用Denodo冠状病毒数据门户计划来对抗和最小化COVID-19的影响,其采纳率在不断提高