医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > オリプダーゼアルファ、成人・小児ASMD薬として日本で世界初の承認申請-サノフィ

オリプダーゼアルファ、成人・小児ASMD薬として日本で世界初の承認申請-サノフィ

読了時間:約 1分53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月01日 PM12:15

ASMD非中枢神経系病変への唯一の治療法見込み

サノフィ株式会社は9月30日、ヒト酸性スフィンゴミエリナーゼ製剤「」について、成人および小児における酸性スフィンゴミエリナーゼ欠損症()の非中枢神経系病変に対する唯一の治療法として、世界で初めて日本で承認申請をしたと発表した。

ASMDは、ライソゾーム病の一種で、スフィンゴミエリンホスホジエステラーゼ1の遺伝子(SMPD1)の変異により生じるさまざまな疾患の総称。そのスペクトラムの両端にある疾患は、ニーマン・ピック病(NPD)A型、NPD B型に分類される。NPD A型は、神経症状が急速に進行し、中枢神経系の合併症により小児期の早い段階で死に至る疾患。NPD B型は、重篤で生命が脅かされる可能性のある疾患で、主に肺、肝臓、脾臓と心臓に症状が現れる。NPD A/B型は、A型とB型の中間にある疾患で、神経症状は患者によってさまざま。NPD C型と呼ばれる疾患もあるが、これはASMDとは異なる疾患だ。

ASMDは、細胞内器官ライソゾームで脂質を分解する酵素スフィンゴミエリンである酸性スフィンゴミエリナーゼ(ASM)の活性が低いために現れる疾患であり、スフィンゴミエリンが代謝されずに細胞内に蓄積する。やがて細胞は死滅し、内臓等の機能に異常が現れる。ASMDの全世界での発症率は、出生児10万人あたり0.4~0.6人とされている。

ASMDの非中枢神経系病変に対する治療薬として開発中のolipudase alfaは、活性が低下しているASMを補充し、スフィンゴミエリンの分解を促す目的で用いる、開発中の酵素補充療法の製剤。なお、NPD A型の患者を対象とした、同剤の試験は行われていない。また、開発中の治験薬であるため、現時点ではいずれの規制当局においても同剤の安全および有効性は評価されていない。米国食品医薬品局(FDA)は、同剤を Breakthrough Therapy(画期的治療薬)に指定。欧州医薬品庁(EMA) も、PRIME(PRIority MEdicinesの略称)の対象に指定している。

同剤は、2017年4月21日付で、先駆け審査指定制度の対象品目に指定されており、今回の承認申請は、同制度に基づいている。olipudase alfaは承認された場合、ASMDで唯一の治療薬となる見込みだ。

P2/3試験、P1/2試験の肯定的な結果に基づく申請

今回の承認申請は、2件の臨床試験で得られた肯定的な結果に基づくもの。まず、ASMD成人患者36人対象第2/3相試験のASCEND試験では、52週間にわたり、olipudase alfaの肺機能、脾容積と肝容積等に対する効果をプラセボとの比較で検討した。

続いて、ASMD小児患者(出生後~18歳未満)20人対象第1/2相非盲検単群試験のASCEND-Peds試験では、64週間にわたりolipudase alfaの安全性と忍容性を評価した。

両試験の結果は、第70回米国人類遺伝学会(ASHG 2020)で発表されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • 人工関節置換術に用いる次世代型ロボット支援手術システム「CORI」を日本初導入-近大
  • KMW-1、日本人熱傷患者対象の国内P3試験結果を発表-科研
  • 「確定診断に20~30年かかるケースも」-ポルフィリン症で堀江氏が講演
  • エンスプリング、視神経脊髄炎スペクトラム障害P3試験で再発抑制を維持-中外
  • 原発性腋窩多汗症治療剤「BBI-4000」、米国の第3相試験で主要評価項目達成-科研