医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査

日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査

読了時間:約 56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月20日 AM10:45

日本保険薬局協会は、「薬局職員のコロナ感染による影響調査」の結果を公表した。それによると、回答会員社数137社(薬局数:1万0314軒)のうち、「PCR陽性者あり」と回答したのは30社で、PCR陽性となった人数は119人だった。

首藤氏

調査結果によると、これまでに薬局職員の新型コロナ感染や感染者もしくはその疑いがある人との濃厚接触に関して、保健所へ相談、保健所の判断によって職員の自宅待機等の対応が必要になった薬局数は61社250軒となった。その中で、半日以上臨時休業が必要になった薬局数は17軒、営業再開もしくは継続するために薬局職員の入れ替えを行った薬局数は66軒となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【福井県】代替困難品9品目を除外-小林化工の停止命令から
  • 1回に短縮は「難しい」-田村厚労相、ワクチン接種で見解
  • 【厚労省】副反応疑い2例報告-ワクチン先行接種で
  • 【厚労省】添付文書電子化へ準備要請-GS1コード読み取りなど
  • 【厚労省】接種会場に厚労省施設-田村厚労相が協力表明