医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬価部会】中間年調査で規模縮小案-負担に配慮もなお反対論

【薬価部会】中間年調査で規模縮小案-負担に配慮もなお反対論

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月19日 AM10:15

厚生労働省は17日、来年からの毎年薬価改定に向け、2020年度薬価調査の計画案を中央社会保険医療協議会薬価専門部会に示した。新型コロナウイルス感染症に対応する医療現場の負担に配慮し、購入側の医療機関・薬局の調査対象施設数を前回調査の半分に絞るほか、販売側である医薬品卸の抽出率を全体の3分の2(67%)にして行うことなどを提案。診療側委員からは調査実施に反対する声が多数を占めた一方、支払側からは調査結果を見た上で、改定実施の可否を判断すべきとの意見が上がった。

厚労省案は、20年度薬価調査は9月の取引分を対象に実施し、購入側である医療機関と薬局に対する調査については、新型コロナウイルス対応に苦労している現場の負担に配慮して対象施設数を19年度調査の半分にして行うというもの。具体的には、病院約210、診療所約260、保険薬局約500施設での実施を提案した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに
  • 【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に
  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性
  • 【財政審】初年度に相応しい改定を-中間年、全品対象強調
  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で